ニュルンベルクのマイスタージンガー

2011年12月19日、ROHにて。

Die Meistersinger von Nürnberg
Music & Libretto: Richard Wagner

Director: Graham Vick
Conductor: Antonio Pappano
Hans Sachs: Wolfgang Koch
Walter von Stolzing: Simon O'Neill
Eva: Emma Bell
Sixtus Beckmesser: Peter Coleman-Wright
Veit Pogner: John Tomlinson
David: Toby Spence
Magdalene: Heather Shipp
Kunz Vogelgesang: Colin Judson
Konrad Nachtigall: Nicholas Folwell
Fritz Kothner: Donald Maxwell
Hermann Ortel: Jihoon Kim
Balthazar Zorn: Martyn Hill
Augustin Moser: Pablo Bemsch
Eisslinger: Andrew Rees
Hans Foltz: Jeremy White
Hans Schwarz: Richard Wiegold
Nightwatchman: Robert Lloyd
Royal Opera Chorus
Orchestra of the Royal Opera House

ROHでは9年ぶりに上演された楽劇「マイスタージンガー」の初日です。9年前は事前に飲んだワインのために半分寝ているような状態で見たことを思い出しますが、今回は素面を維持して臨んだもののあまりにも美しい音楽は時々睡魔に襲わせてくれます。
それはともかく、ヴォルフガング・コッホのハンス・ザックスとサイモン・オニールのヴァルターが秀逸な出来で、それに加えてパッパーノの指揮がとてつもなくすばらしく、感激しっぱなしです。他の歌手も相当な出来で、音楽的には非常に満足した一夜でした。
ドイツ人バスバリトン、コッホは揺るぎのないしっかりとした歌唱に加えて堂々とした体躯にものを言わせて演技的にも立派なハンス・ザックスでした。この人が説得したら他の親方も賛成せざるを得ない雰囲気を出しています。
ROHではお馴染みのニュージーランドのテノール、サイモン・オニールはようやく太るのが止まった印象のそれでもコッホをしのぐ体躯による堂々とした演技で美声を朗々と響かせます。高音の伸びや美しさはヨハン・ボータの方がやや上でしょうが迫力と見てくれの点では断然オニールです。
エファ役のエマ・ベルは第2幕まではとてもすばらしい歌唱でしたが第3幕は惜しくも声がかすれ気味でちょっとミソをつけました。ファイト・ポグナーを歌ったお馴染みのジョン・トムリンソンは相変わらず低音はよく出るもののお年のせいかちょっと声の輪郭がぼやけ気味で両手を挙げて満足とは行かなかったです。
ダフィット役のトビー・スペンスは声も演技も少年らしさがよく表現されていて文句なしです。

演出は古典的なものを予算の関係でやや簡略にした感じの舞台ですが、ハンス・ザックスの性格付けが過去に見た他のプロダクションのもの(といってもコンサート形式以外ではヴィーンのものバイロイトのものしか見ていませんが、バイロイトのものは比較のしようがありません)に比べて本を机からたたき落としたりストールを机の脚辺りに投げつけるなどかなり激しいものになっています。優しいだけのおじさんじゃなくて感情の起伏が激しいという解釈なんでしょう。
第2幕の喧嘩のシーンでは地上の乱闘だけじゃなくて天井の穴から人がぶら下がったり等猥雑さを強調しています。

Antonio Pappano
c0057725_3103314.jpg


Simon O'Neill & Wolfgang Koch
c0057725_311722.jpg


Emma Bell & Toby Spence
c0057725_3113487.jpg


John Tomlinson
c0057725_312513.jpg

[PR]
by dognorah | 2011-12-21 03:22 | オペラ
<< ドニゼッティのオペラ「シャモニ... アバド指揮ルツェルン祝祭管弦楽... >>