グノーのオペラ「ファウスト」ドレスリハーサル

2011年9月15日、ROHにて。

Faust: Opera in five acts (Final Rehearsal)
Composer: Charles-François Gounod
Original Director: David McVicar
Revival Director: Lee Blakeley

Conductor: Evelino Pidò
Royal Opera Chorus
Orchestra of the Royal Opera House

Faust: Vittorio Grigolo
Méphistophélès: René Pape
Marguerite: Angela Gheorghiu
Valentin: Dmitri Hvorostovsky
Siébel: Michèle Losier
Wagner: Daniel Grice
Marthe Schwertlein: Carole Wilson

このプロダクションは2004年6月にプレミエで、私はそれに続いて2年後の2006年9月の公演も見ていて、今回が3回目です。2006年から今日までの間にも公演があったのかどうかは定かじゃありません。
今日の出演者はプレミエの時(アラーニャ、ゲオルギュー、ターフェル、キーンリーサイド、コッシュ)に匹敵する豪華さで、彼らがそれぞれの実力を発揮してくれたので大変楽しめました。
グリゴーロはいつもの美声が気持ちよく、パーペは余裕で深みのある声を大声量で出していましたし、ホロストフスキーはロシアもの以外では初めて感心させてくれる出来でした。しかしいつもの籠もり気味の発声はちょっと気にはなりましたが。ゲオルギューはリハーサルということなのかやや抑え気味の歌唱でしたが、ポイントではちゃんと声を張り上げてくれてブラヴォーが出ていました。シエベルを歌ったカナダのメゾソプラノ、ミシェル・ロジエールはROHデビューですがさすがにすでに国際的に活躍しているだけあって、すばらしい出来でした。
管弦楽はまあ水準の出来か。ピドよりもベニーニの方が上手いかな。

ここでのリハーサルはこれまで何度も聴いていますが、今日は異例なことにカーテンコ-ルが全くありませんでした。何があったのでしょう。従って残念ながら写真はありません。18日の初日以降に公式ステージ写真がリリースされると思います。
[PR]
by dognorah | 2011-09-17 21:18 | オペラ
<< 引っ越し プッチーニのオペラ「Il tr... >>