バルトークのオペラ「青髭公の城」

2011年9月9日、ハンガリー国立オペラ劇場にて。

このブログは約1ヶ月の夏休みを取ってしまいました。8月はプロムスなどいくつかのコンサートに行ったのですが記事が書けないままとうとう9月の新シーズンに入ってしまいました。心を入れ替えてまた少しずつアップしていこうと思います。
今シーズンはまずブダペストに行きました。その後ROHのシーズン幕開けにも参加しましたが、ブダペストの分からレポートしていきます。

A Kékszakállú herceg vára(Duke Bluebeard's Castle)
Music: Béla Bartók

Concept: Ildikó Komlósi
Director: Caterina Vianello
3D effects: Andrew Quinn
Light Designer, Cinematographer: Alessandro Chiodo
Sets: Gian Marco Campanino, Marcella Gallotta
Conductor: György Gyorivanyi-Rath
Orchestra of the Hungarian State Opera

Duke Bluebeard: István Kovács
Judit: Ildikó Komlósi

この公演は世界初の3D舞台と宣伝されていましたが内容についての説明はあまりなく、実際に座席に座って鑑賞してやっと意味がわかりました。要するに実際の舞台セットの代わりに3D映像を使うということで、観客は支給された3D用の偏光眼鏡を装着して舞台を見るということでした。従って舞台上は簡単な台座が置かれている程度でバックには幅高さとも舞台一杯の白いスクリーンがセットされているだけです。
さて、効果の程はというとこれがなかなか行けます。主に城の巨大な内部構造が場面に応じて投影されますが効果的でした。しかし技術的な問題があるのか映像はモノクロで、色といえば歌手の衣装にしかありません。あと、やはり偏光眼鏡をかけるのは煩わしいです。特に私のように近視用眼鏡をすでにかけている者には。

ハンガリー人の歌手は二人ともとてもよかった。青髭公を歌ったコヴァーチは声に艶があってよく通る魅力的な声の持ち主です。引き締まったスマートな体もこの焼くにふさわしいと思いました。表現的には大変な迫力が感じられ、ぞくぞくします。

ジュディット役のコムロジはロンドンでもお馴染みの国際的メゾソプラノですが、声の調子がよくてすばらしい歌唱でした。

指揮者もハンガリー人ですが、まあ水準の演奏というところでしょうか。もう少し切れのいい透明な表現が出来ないものかとは思いましたが。この曲を聴くのはこれが3回目で、最初は2006年のペトレンコ指揮のROHの舞台。次いでブーレーズ指揮のコンサート形式でした。どちらも指揮は今回より遙かにすばらしいものでバルトーク音楽の凄さ、美しさをもっと豊かに表現していたという印象を持っています。

なお、ハンガリー人によるハンガリー語上演だからハンガリー語字幕は必要なしと判断されたのか、舞台上の字幕は英語でした。
この劇場は座席数が1260とのことで、オペラ鑑賞にはほどよい大きさですね。フォイヤーやメインの階段などは小さいスケールながらパリのガルニエと似た感じでした。床は木で出来ており、音響的には不満のないホールです。今回は平戸間最前列の右側通路脇に座りましたが、シーズン幕開けの特別価格のせいかこの劇場にしては切符は高めの18,500フォリント(切符購入時で約60ポンド)でした。これでもロンドンよりは遙かに安いですが。

István Kovács and Ildikó Komlósi
c0057725_237723.jpg


István Kovács
c0057725_2374695.jpg


Ildikó Komlósi
c0057725_2382826.jpg


György Gyorivanyi-Rath
c0057725_2385640.jpg


なおご存じのようにこのオペラは上演時間が約1時間と短いので大抵の公演は他の出し物と組み合わせて上演されます。今回は随分毛色の変わった組み合わせで、ラヴェルの「ボレロ」に振り付けたダンスでした。
今までヴィデオでジョルジュ・ドンとかシルヴィ・ギエムのダンスを見たことがありますが、実演を見るのはこれが初めてです。ドンやギエムのはモーリス・ベジャールの振り付けと思いますが今回のは全く異なるもので、このスペイン音楽らしくフラメンコの形式を取り入れたもので、事実今回のダンサーはすべてフラメンコダンサーです。これを3D映像を背景にやろうというわけで、実はオペラの前に上演されました。

Bolero
Music: Maurice Ravel
Concept: Francesco Stochino Weiss
Choreography: Lola Greco
Scene: Claudia Magoga
3D effects: Nima Gazestani
Light Designer, Cinematographer: Alessandro Chiodo
Costume Designer: Carmen Sanchez

Étoile: Lola Greco
First dancer: Francisco Velasco
Soloists: Peneope Sanchez, Miriam Manso, Miriam Perez

映像は星空が主なもので音楽リズムに応じていろいろなシーンが出てきます。映像だけで楽しめるようにしたのでしょう、空の彼方から何かもやもやとしたものがだんだん近づいてくるシーンでは途中からそれが真っ赤なバラであることがわかり、最終的には目の前1mぐらいに大写しされ、花弁の細部まではっきり見て取れます。また、付きの場合も目の前で大きくなるとクレーターの様子が明瞭になるし、大がかりな構造物が水平線下から現れたりします。しかし、オペラと違ってダンスではこのような映像は不要だと感じました。ダンサーの動きを注視しているときには他の映像は邪魔です。

ダンスはまず暗闇の中にヌード女性が現れ、背景の大スクリーンの効果でまるでシルエットのように見えます。そのそばで男性ダンサーが踊り、床には他の女性ダンサーが横たわっていますが、男性ダンサーが彼女たちを一人ずつ立ち上がらせながらソロやデュエットダンスを継続していきます。そのうちにヌードダンサーは舞台下に沈み、時間が経ってから彼女も他のダンサーと同じような衣装で舞台に復帰。照明も明るくなります。フラメンコと同様なタップを交えながらクライマックスに向けて動きを激しくしていっておしまい。まあ楽しめました。実演を見ればギエムの踊りの方が感動は大きいかも知れません。

Lola Greco and Francisco Velasco
c0057725_2393893.jpg

[PR]
by dognorah | 2011-09-13 23:15 | オペラ
<< Budapest Festiv... マリインスキーバレー「アンナ・... >>