モーツァルトのオペラ「偽の女庭師」コンサート形式

2011年6月24日、バービカンホールにて。

Mozart: La Finta Giardiniera
Academy of Ancient music
Richard Egarr conductor
Rosemary Joshua Sandrina
Elizabeth Watts Serpetta
Klara Ek Arminda
Daniela Lehner Ramiro
James Gilchrist Il Contino Belfiore
Andrew Kennedy Podesta
Andrew Foster-Williams Nardo

このオペラは2006年にROHで見て以来5年ぶりです。そのときも若いモーツァルトの音楽に大変感激しましたが、今回も歌といい管弦楽といいすばらしい音楽であることを再認識しました。このオーケストラがすばらしいことは今年1月にウイグモアホールで聴いたときに感じましたが、今日も惚れ惚れするような音でモーツァルトの響きを余すところ無く伝えてくれた印象です。指揮のリチャード・エガーを改めて見直しました。もっともっとバロックオペラを演奏して欲しいです。
歌手たちも皆さんとてもすばらい歌唱でした。3人のソプラノはそれぞれ個性があって楽しめましたが、特にローズマリー・ジョシュアの純粋な響きにはうっとりしました。衣装のデザインはいいのですが生地の絵柄はちょっといただけません。蝶のように見えますがよく見ると蛾ですね。スエーデン人ソプラノ、クララ・エクは力強い響きだし、イギリス人のエリザベス・ワッツも美しい声でした。ズボン役のダニエラ・レーナーは声もいいけれど歌が滅法上手く、大いに感心しました。男声陣はすべてイギリス人で、特に二人のテノール、ジェイムズ・ジルクリストとアンドリュー・ケネディは普段よく聴く馴染みの人たちですが、全く不満のない歌唱でした。バスバリトンのアンドリュー・フォスター=ウイリアムズも魅力的な声の持ち主です。
このコンサートはマイナーなオペラである上に非常に有名な歌手が出ていないせいか切符の売れ行きが悪く、私も元々行く気がなかったのですが主催者から2割引のオファーがあったので行ったのでした。行って大正解、心底楽しめました。

左から、Klara Ek、Daniela Lehner、Rosemary Joshua & Elizabeth Watts
c0057725_7434189.jpg


左から、Andrew Kennedy、Andrew Foster-Williams & James Gilchrist
c0057725_7491449.jpg


Rosemary Joshua
c0057725_7495087.jpg


Elizabeth Watts
c0057725_751935.jpg


Klara Ek
c0057725_7521787.jpg


Daniela Lehner
c0057725_7564637.jpg


Richard Egarr
c0057725_753468.jpg

[PR]
by dognorah | 2011-06-27 07:58 | オペラ
<< ヘンデルのオペラ「リナルド」 ブリテンのオペラ「ピーター・グ... >>