モーツァルトのオペラ「イドメネオ」コンサート形式

2011年6月11日、バービカンホールにて。

Mozart: Idomeneo
Combined with Munich (1781) and Vienna (1786) versions.

Balthasar Neumann Ensemble
Thomas Hengelbrock: conductor
Steve Davislim: Idomeneo
Tamar Iveri: Elettra
Camilla Tilling: Ilia
Christina Daletska: Idamante
Virgil hartinger: Arbace
Dominik Wortig: High priest
Marek Rzepka: A Voice

このオペラを聴くのは4回目です。最初はコンサート形式で聴き、次いでパリブリュッセルで舞台を見ました。
今日は序曲が始まるとまず管弦楽がすばらしいのに感嘆しました。古楽器演奏では以前フライブルク・バロック管に大いに感心したことがありますが、ドイツ系はやはりひと味違うなぁと思います。ただ、フォルテピアノは指揮者より後ろに置いていましたがそれでも聴衆にとって音量が小さすぎると思ったのか、スピーカーを使っていたのがちょっと違和感がありました。スピーカーは楽器の下に置いてありました。ヘンゲルブロックの指揮はこれぞモーツァルト、これぞオペラと思わせるすばらしいものでこのオペラの演奏では過去最高のものです。この人は昨年9月に「Niobe」というレアーオペラをROHで振りましたので古楽器オーケストラでバロック音楽を振る人かという印象でしたが、バイオを見ると現代音楽までカヴァーしているレパートリーの広い人ですね。今年の夏はバイロイトデビューでタンホイザーを振るそうです。
歌手はといえば、高いレヴェルで揃っているという点でやはり過去最高というべきでしょう。全員暗譜で歌っていました。
題名役のスティーヴ・ダヴィスリムはオーストラリア人テノールで最初はホルン奏者だったそうです。太めの声で声量もあり、迫力満点、歌も上手いし演技もなかなかの様。
イリア役のカミーラ・ティリングは何度もROHで見ている人ですが、久しぶりに聴いて相変わらずの健在振りを確認し、改めていい声だと認識しました。今日は完璧です。
エレットラ役のタマル・イヴェリは昨年2月に同役をパリの舞台で聴いて感心した人ですが、今日もほぼ同様の出来でやはり私の好きな声だなぁと思いました。今日は実はアンナ・カテリーナ・アントナッチの代役でした。
イダマンテ役のクリスティーナ・ダレツカは主要役の中ではちょっと弱いかなという印象を受けました。声はきれいですが細めで深みがありません。美しい人です。
脇役男声陣も全く問題なしです。第2幕のアルバーチェのアリアはやはりカットされていました。

ということで音楽的には最高の「イドメネオ」でした。

Steve Davislim as Idomeneo & Camilla Tilling as Ilia
c0057725_1574721.jpg


Tamar Iveri as Elettra
c0057725_1581491.jpg


Thomas Hengelbrock & Christina Daletska as Idamante
c0057725_1583932.jpg

[PR]
by dognorah | 2011-06-13 01:59 | オペラ
<< ハイティンク+マリア・ジョアン... 植田リサさんヴァイオリンリサイタル >>