札幌交響楽団ロンドン演奏会

2011年5月23日、RFHにて。

指揮:尾高忠明
ヴァイオリン:諏訪内晶子

武満:How Slow the Wind
ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲
ショスタコーヴィッチ:交響曲第5番

入場料収入等はすべて東北の災害のために寄付されるチャリティコンサートです。
札幌交響楽団を聴くのはこれが初めてです。指揮の小高さんも初めて。この楽団の日本での実力評価は知りませんが、なかなかいい線を行っているという印象でした。ただし、いつもこのホールで聴いているフィルハーモニア管やLPOに比べるとどのパートを取ってもちょっと聴き劣りしますが。音のスケールなど、ショスタコーヴィッチではよく出いましたがかなり背伸びしている感じで飽和感があり、フィルハーモニアのようにまだまだ余裕があるという印象にはなりません。
それはともかく音楽的にはかなり楽しめたコンサートでした。最初の武満の作品は彼らしい響きが充ち満ちた作品で、こういう雰囲気をさらっと出す演奏は外国のオケには出来ないだろうなと思われるものでした。しかしこの短い曲に特殊な打楽器などを各種そろえるのは特に海外演奏では随分効率の悪いことだなぁと妙な印象を受けてしまいました。次のブルッフの曲が演奏できるようになるまで後片付けで随分時間がかかってしまいましたよ。
そのブルッフですが、これは見事な演奏で、独奏もオケもとても楽しめました。諏訪内さんはいつものように美しい音色で心に迫る熱演。ところで、音楽とは関係ないですが彼女のドレスはちょっといただけない。デザインが悪くて彼女の演奏姿に全く合っていなかった。演奏中におなか辺りに皺がどんどん出来てしまう上、後ろ姿も優雅とはほど遠く、私はステージに近いところに座っていたこともあり正視に耐えられなくてほとんど目をつぶって聴いていました。
ショスタコーヴィッチは尾高さんがRFHのサイトに載っているビデオでしゃべっているようにあちこちで何回も演奏してきたこともあって大変こなれた演奏でした。私の耳には冒頭の低弦の迫力不足にちょっとずっこけましたが、第2楽章以降では迫力的に持ち直し、全体としてはバランスよくまとまっていました。聴衆にはかなり好評でたくさんのブラヴォーも出ていましたね。
舞台に何度か呼び戻された尾高さんはマイクを持って現れ、あの地震の時に自分は東京でオペラを見ていたことなどのエピソードを話すとともに、このコンサートに来てくれた聴衆にお礼を述べました。そしてアンコール曲はエルガー(曲名は失念)。このアンコールはいかにも音楽しているという余裕の演奏でこれも大変楽しめました。

Akiko Suwanai
c0057725_7434798.jpg


Tadaaki Otaka
c0057725_7441735.jpg

[PR]
by dognorah | 2011-05-28 07:45 | コンサート
<< フィンランド大使公邸でのチャリ... ヴェルディのオペラ「マクベス」... >>