ロイヤルオペラの來シーズン

ロイヤルオペラの2005/2006シーズンの概要が発表された。

【新演出】
ジークフリート
神々のたそがれ
トスカ
セヴィリアの理髪師
フィガロの結婚
エフゲニー・オネーギン
シラノ・ドゥ・ベルジュラック

【リヴァイヴァル】
売られた花嫁
マクベス
ヴォツェック
西部の娘
仮面舞踏会

「トスカ」は、なんと40年ぶりの新演出らしい。私は数年前にパヴァロッティがカヴァラドッシを歌ったのを聴いたのが初めてだったのでそういう事情は知らなかったが、同じ演出がよく40年ももつものだ。今回は、Angela Gheorghiu、Marcelo Alvarez、Bryn Terfelが共演する。

シラノ・ドゥ・ベルジュラックはメトとの共同制作で、ドミンゴが出演する。
西部の娘はホセ・キューラの出演で観客を集めようという魂胆。

まあとにかく楽しみだ。
[PR]
by dognorah | 2005-04-28 23:46 | オペラ
<< チャイコフスキーピアノ協奏曲第... ピアノリサイタル – ロイヤル... >>