タマラ・ロホ主演バレー「マノン」

2011年5月9日、ROHにて。

Manon: Ballet in three acts
Music: Jules Massenet
Choreography: Kenneth MacMillan
Conductor: Martin Yates
Orchestra of the Royal Opera House

MANON: TAMARA ROJO
DES GRIEUX: CARLOS ACOSTA
LESCAUT: JOSÉ MARTIN
MONSIEUR G.M. : GARY AVIS
LESCAUT'S MISTRESS: HELEN CRAWFORD
MADAME: ELIZABETH MCGORIAN
THE GAOLER: THOMAS WHITEHEAD
BEGGAR CHIEF: PAUL KAY
COURTESANS: LAURA MCCULLOCH, SIAN MURPHY, SAMANTHA RAINE, LARA TURK
GENTLEMEN: BENNET GARTSIDE, VALERI HRISTOV, LlAM SCARLETT
CLIENTS: JONATHAN HOWELLS, ERICO MONTES, PHILIP MOSLEY, CHRISTOPHER SAUNDERS,
ERIC UNDERWOOD
OLD GENTLEMAN: ALASTAIR MARRIOTT

ロホとアコスタのマノンは2005年2月以来だが、やはりこのコンビはすばらしい。第1幕だけで大いに感動してしまった。先日のリハーサルで見たセイラ・ラムもなかなかよかったけれどロホの踊りは年季が入っている分格が違うことがよくわかった。アコスタのしっかりしたサポートにより各PDDのすばらしさは筆舌に尽くしがたい。
ホセ・マーティンのレスコーはまあまあ。酔っぱらってガールフレンドと踊るところは以前見た他の人の方が上手かった。
リハーサルではユフイ・チェと小林光が二人の仲の悪い娼婦役を実に上手く演じて観客を笑わせていたが、今回の人は通り一遍の演技でちっとも面白くなかった。細かい演技は本人たちに任されているので気の合う日本人同士の方がずっとうまく行くのだろう。

終演直後のTAMARA ROJOとCARLOS ACOSTA
c0057725_1223435.jpg

c0057725_1211856.jpg


JOSÉ MARTIN
c0057725_1231692.jpg

c0057725_1235781.jpg


TAMARA ROJO
c0057725_1243363.jpg

[PR]
by dognorah | 2011-05-12 01:28 | バレー
<< スメタナのオペラ「売られた花嫁... マゼールのマーラー第3番 >>