ユーロフスキー指揮ロンドンフィル

2011年5月4日、RFHにて。

Richard Wagner: Overture, Die Meistersinger von Nürnberg
Richard Strauss: Four Last Songs
Peter Ilyich Tchaikovsky: Symphony No.5

Vladimir Jurowski conductor
Christine Brewer soprano
London Philharmonic Orchestra

コーラス席に座ったので目の前のティンパニーの音が目立ち、えらくバランスの悪い音響を聴く羽目になってしまった。両翼配置で低音群がすべて指揮者から見て左端だったのも影響している。マイスタージンガー序曲とチャイコフスキーの第5番は特にその影響が強くてあまり楽しめなかった。

マイスタージンガーは今年のグラインドボーンでユーロフスキーがLPOを指揮する演目なので本日のプログラムに選ばれたものである。テンポは私的にはやや速めながら、まとまりの良さは認められる。オペラの切符は早々と売り切れて、会員でもない私には全く買うチャンスはなかった。

次の「4つの最後の歌」は弦楽器が活躍するので上記欠点はあまり気にならず、またソプラノのクリスティーネ・ブリューワーがあまりにもすばらしく、本日最も楽しめた演目だった。彼女の全く破綻のない美しい歌唱には心から感動した。第3曲の「眠りにつくとき」が特段感情の籠もった表現だった気がする。

チャイコフスキーの第5番はやや速めのテンポで力に任せてぐいぐい引っ張っていく印象だったが、現代に即したスタイリッシュな演奏とも言えるだろう。聴衆からは大きな歓声と拍手が出ていた。しかし何度聴いてもあまり好きになれない曲だ。
[PR]
by dognorah | 2011-05-08 00:15 | コンサート
<< マゼールのマーラー第3番 ビリャソン復活、マスネーのオペ... >>