ドビュッシーの「ペレアスとメリザンド」コンサート形式

2011年4月18日、バービカンホールにて。

Debussy: Pelléas et Mélisande

Orchestre de Paris
Louis Langrée: conductor
Natalie Dessay: Mélisande
Simon Keenlyside: Pelléas
Marie-Nicole Lemieux: Geneviève
Laurent Naouri: Golaud
Alain Vernhes: Arkel
Khatouna Gadelia: Yniold
Nahuel Di Pierro: Doctor

すばらしい公演でした。
まず、ルイ・ラングレー指揮するパリ管弦楽団の演奏にブラヴォーです。2007年に見たROHの舞台でもサイモン・ラトルの演奏は大変よかったのですが、今回はパリ管の音が格段によく、指揮もよりドビュッシーの本質を突いている印象で劇的緊張も背中がぞくぞくする状態が続き、大いに感銘しました。
歌手ではゴロー役のロラン・ナウリが声、表現とも完璧な印象で大変感心しました。
メリザンド役のナタリー・ドゥセは元々そういう傾向のあるやや乾いた声が今回は強く感じられ、更に中音域でしわがれることもたびたびあって好調ではなかったです。
サイモン・キンリーサイドは大略いつも通り明るいバリトンがよく響き、好調でした。左腕を骨折したのか腕にサポーター様のものを巻き付け、更に右肩からバンドで手首を吊っていました。
他の歌手も申し分なく、レヴェルの高い公演でした。こういう格調の高い演奏に対して終演直後にブーを発した男声がいて私も周りもびっくりしました。直ちに私や他の大勢の客がブラヴォーで返しましたが、いろいろな人がいるものです。
なお、今日はナタリーの誕生日だったらしく、2回目に全員が舞台に呼び戻されて拍手を受けているときに、突然夫君のロラン・ナウリが大きな花束を用意して彼女の前に跪き、それを手渡しました。管弦楽は当然例の誕生祝いの音楽を奏でます。本人は満面に笑みを浮かべて大喜び。

Louis Langrée & Orchestre de Paris
c0057725_7535595.jpg


Simon Keenlyside & Natalie Dessay
c0057725_7543659.jpg


Alain Vernhes & Marie-Nicole Lemieux
c0057725_7552249.jpg


Laurent Naouriから花束を受け取って大喜びのNatalie Dessay
c0057725_7555174.jpg

[PR]
by dognorah | 2011-04-28 08:01 | オペラ
<< バレー「マノン」ドレスリハーサル リムスキーコルサコフのオペラ「... >>