リムスキーコルサコフのオペラ「皇帝の花嫁」

リムスキーコルサコフのオペラ「皇帝の花嫁」
2011年4月18日、ROHにて。

The Tsar's Bride (Царская невеста): Opera in Four Acts
Music: Nikolay Rimsky-Korsakov
Libretto: Il'ya Fyodorovich Tyumenev based on a scenario by the composer, after the drama by Lev Alexandrovich Mey

Director: Paul Curran
Conductor: Mark Elder

Marfa Sobakina: Marina Poplavskaya
Grigory Gryaznoy: Johan Reuter
Lyubasha: Ekaterina Gubanova
Ivan Sergeyevich Lïkov: Dmytro Popov
Yelisey Bomelius: Vasily Gorshkov
Vasily Sobakin: Paata Burchuladze
Dunyasha Saburova: Jurgita Adamonyte
Domna Saburova: Elizabeth Woollett
Malyuta-Skuratov: Alexander Vinogradov
Petrovna: Anne-Marie Owens

ROHでは初めて上演するオペラです。音楽はまあ楽しめるものの正直言ってあまり面白くないオペラです。

大方の歌手はよい出来で歌唱は楽しめました。特に、ヨハン・ロイター、アレクサンダー・ヴィノグラードフ、エカテリーナ・グバノワ、ユルギータ・アダモニテは印象的です。マーク・エルダーの指揮も序曲は退屈な出来だったものの、幕が上がった後は躍動感溢れるものでさすがでした。

演出は現代的で、それに徹しているのは大変よく、舞台装置はなかなかのもので、特に第3幕のプールのある屋上のシーンは観客がどよめいたぐらいよくできたものでした。ただ、登場人物の処理でいえば秘密警察の面々の扱いがいまいち理解不能で、劇進行上特に必要とは思えないものでした。リブレットもよくないのでしょうが。

左からEkaterina Gubanova, Mark Elder, Marina Poplavskaya, Johan Reuter, Dmytro Popov & Vasily Gorshkov
c0057725_7413756.jpg


Paata Burchuladze & Ekaterina Gubanova
c0057725_742852.jpg


Jurgita Adamonyte & Alexander Vinogradov
c0057725_7423969.jpg

[PR]
by dognorah | 2011-04-27 07:51 | オペラ
<< ドビュッシーの「ペレアスとメリ... マゼール指揮マーラー第2番 >>