ロイヤルバレーのトリプルビル

2011年3月23日、ROHにて。

Rhapsody, Sensoriumおよび 'Still Life' at the Penguin Caféという短い作品を三つまとめて上演。

RHAPSODY
THE 79TH PERFORMANCE BY THE ROYAL BALLET AT THE ROYAL OPERA HOUSE
MUSIC: SERGEY RACHMANINOFF
CHOREOGRAPHY: FREDERICK ASHTON

LAURA MORERA, SERGEI POLUNIN
OLIVIA COWLEY, MELISSA HAMILTON, EMMA MAGUIRE,
PIETRA MELLO-PITTMAN, AKANE TAKADA, LARA TURK
SANDER BLOMMAERT, FERNANDO MONTANO,LlAM SCARLETT,
DAWID TRZENSIMIECH, JONATHAN WATKINS, VALENTINO ZUCCHETTI
SOLO PIANO JONATHAN HIGGINS

SENSORIUM
THE 10TH PERFORMANCE BY THE ROYAL BALLET AT THE ROYAL OPERA HOUSE
MUSIC: CLAUDE DEBUSSY WITH ORCHESTRATIONS BY COLIN MATTHEWS
CHOREOGRAPHY: ALASTAIR MARRIOTT

LEANNE BENJAMIN, MARIANELA NUNEZ
THOMAS WHITEHEAD, RUPERT PENNEFATHER
NATHALIE HARRISON, LAURA MCCULLOCH,
JACQUELINE CLARK, LEANNE COPE, EMMA MAGUIRE, KRISTEN MCNALLY,
PIETRA MELLO-PITTMAN, AKANE TAKADA, LARA TURK, SABINA WESTCOMBE
SOLO PIANO PHILIP CORNFIELD

'STILL LIFE' AT THE PENGUIN CAFE
THE 28TH PERFORMANCE BY THE ROYAL BALLET AT THE ROYAL OPERA HOUSE
MUSIC: SIMON JEFFES
CHOREOGRAPHY: DAVID BINTLEY

AIR À DANSER
THE GREAT AUK: EMMA MAGUIRE

PRELUDE AND YODEL
UTAH LONGHORN RAM: ZENAIDA YANOWSKY
GARY AVIS

LONG DISTANCE
TEXAN KANGAROO RAT: LlAM SCARLETT

THE ECSTASY OF DANCING FLEAS
HUMBOLDT'S HOG-NOSED SKUNK FLEA: IOHNA LOOTS
SANDER BLOMMAERT, ERICO MONTES,
MICHAEL STOJKO, DAWID TRZENSIMIECH,
JONATHAN WATKINS

WHITE MISCHIEF
SOUTHERN CAPE ZEBRA: EDWARD WATSON
CHRISTINA ARESTIS,
TARA-BRIGITTE BHAVNANI,
OLIVIA COWLEY, NATHALIE HARRISON,
LAURA MCCULLOCH, SIAN MURPHY,
ROMANY PAJDAK, LARA TURK

NOW NOTHING
KRISTEN MCNALLY, NEHEMIAH KISH
MINNA ALTHAUS

MUSIC BY NUMBERS
BRAZILIAN WOOLLY MONKEY: RICARDO CERVERA
LEANNE COPE, SABINA WESTCOMBE

NUMBERS ONE TO FOUR
ARTISTS OF THE ROYAL BALLET
SOPRANO: REBECCA DUGGAN

今日のバレーは以前から気になっていた若いプリンシパルダンサー、セルゲイ・ポルーニンを見るのが目的でした。彼はウクライナ人で3歳の頃からダンスをやっていたそうですが、13歳でロイヤルバレースクールに入学、17歳の時にロイヤルバレーに入団しました。入団して3年間は単なる団員だったのに、20歳の時(昨年)にいきなりプリンシパルという最高の位に抜擢されたのです。ちょっと異例な扱いを受けたこの人はどんなダンサーなのか興味津々です。
「ラプソディ」の前半はごく普通の振り付けで特に凄いシーンはなかったのですが、後半になって度肝を抜くような華麗なジャンプを披露してくれました。ちょっと類を見ない脚の使い方で回転していくもので、それも連続技で舞台を一周、さすがに若いだけに体力があります。目が釘付けになりました。ボリショイ並みのすばらしいダンサーがロイヤルバレーにも出現したというところでしょう。これから目が離せませんね。

LAURA MORERA & SERGEI POLUNIN
c0057725_957842.jpg

c0057725_9575387.jpg

次の作品「Sensorium」は振り付けが平凡でやや退屈なバレーながら、ニュネスとベンジャミンのダンスは見応えがありました。
c0057725_9593739.jpg


MARIANELA NUNEZ & RUPERT PENNEFATHER
c0057725_1002863.jpg


LEANNE BENJAMIN & THOMAS WHITEHEAD
c0057725_101423.jpg

最後の「ペンギンカフェの'静物画'」はクラシカルを基調としながらもポップ調が幅をきかすリズミカルな音楽に乗って、舞台奥に現れる静物画が表現するテーマに沿ったダンスが踊られるという趣向のものです。最後は天変地異みたいな雰囲気になってペンギン以外は全員ノアの箱船みたいなものに避難しておしまい。久しぶりにヤノウスキーを見ました。
c0057725_105067.jpg


ゼブラ姿のEDWARD WATSON、ZENAIDA YANOWSKY & GARY AVIS
c0057725_1053779.jpg

[PR]
by dognorah | 2011-03-25 10:14 | バレー
<< ピーター・ブルックの魔笛 吉田都さん主宰チャリティコンサ... >>