東北大震災チャリティコンサート

2011年3月15日、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ大使館にて。

Chopin Piano Recital for the aid of the victims of the earthquake in Japan
at the Embassy of Bosnia & Herzegovina

Henri Barda: piano

6 Mazurkas
2 Nocturnes
Piano Sonata No. 2 in B flat minor (Opus 35)
24 Preludes (Opus 28)

このコンサートは東北大震災の前から企画されていたもので、私も以前から切符を買っていたのですが、急遽チャリティコンサートに切り替えられました。演奏者のアンリ・バルダ氏も今日と明日に予定されているコンサートの出演料をすべて寄付することを申し出られました。元々の企画はMarylebone Champagne SocietyとMarylebone Arts Associationの両者によってなされたもので私は前者の会員です。しかし今回は幹事役のMadam Wさんの努力で、多くの日本企業や地元企業に加えてフランス大使館とボスニア・ヘルツェゴヴィナ大使館の協力が得られました。いつもはこの手のコンサートでは演奏開始前のシャンペンは飲み放題なのですが、今日は2杯目以降は一杯5ポンドを徴収して寄付金を増やすように計らわれました。

ピアニストのアンリ・バルダは1941年エジプト生まれのフランス人で、現在パリの著名な音楽大学の教授を務めています。Madam Wさんとは数十年にわたるつきあいがあるとのことです。
                    Henri Barda
c0057725_19191020.jpg

なお、今回使用されたグランドピアノは1890年代に作られたスタインウエーだそうですが、この大使館にはピアノがないためMadam Wさんが自宅から持ち込んだものということです。彼女の説明では古さ故に完璧な状態とは言えないということですが、登場したピアニストは「いや、これはすばらしいピアノだよ」とコメントして座るやいなや演奏を始めました。
最初のマズルカからピアノソナタ第2番まで一気呵成に弾いてしまったため途中で拍手を入れることも出来ませんでした。そして休憩後は24の前奏曲。とても骨太の力強い音で、演奏スタイルは全くのスタンダードという印象で、さすがに教授らしいものです。ちょっと一本調子ではあったもののショパンを得意としているらしく、すべて大変楽しめました。

演奏終了後は再びシャンペンとカナッペで談笑。フランス人客も多くてピアニストは彼らに取り囲まれていました。
とても楽しめた集いではあったものの、やはり日本のことが気がかりで、ちょっと複雑な気持ちで帰途についたのでした。ロンドンではほぼ連日このようなチャリティコンサートが開催されていて多くの人にアピールしています。欧米人も精神的に応援してくれる姿勢が強く感じられて感謝の気持ちで一杯ですが、その一方福島原発への懸念から現地自国民へ退避の勧告を出すなどこちらも気持ち的には複雑ですね。
[PR]
by dognorah | 2011-03-17 19:21 | コンサート
<< 吉田都さん主宰チャリティコンサ... 再びヴィルヘルム弦楽四重奏団 >>