ゲルギエフのマーラー第9

2011年3月3日、バービカンホールにて。

Mahler Symphony No 9
Mahler Symphony No 10 (Adagio)

Valery Gergiev conductor
London Symphony Orchestra

つい先日エッシェンバッハ指揮LPOで同じ曲を聴いたばかりですが、切符を買った1年ぐらい前にはそういうことに気付いていなかったので偶にこういうことが起こってしまいます。それにしても最近聴いたマーラーの交響曲は、4番、3番、9番、大地の歌に続いて今日の9番で、もうしばらくは避けたいところです(^^;
今日の演奏は特に悪くはないものの先日のエッシェンバッハの方が楽しめました。木管などゲルギエフの趣味を反映しているのでしょうけれど、もう少し柔らかく演奏してほしいです。第1楽章前半ではなかなか行ける演奏かなと思わせるもののその後あまりついて行けず。アダージョの演奏もそれほど納得できないし。
終わった後インターヴァルがあって第10番のアダージョが演奏されるプログラミングが何とも我慢できなくて聴かずに帰ってしまいました。こちらの体調にも責任があるような気がしますが今後こんなに根を詰めて聴く日程はやめようと決心しました。
[PR]
by dognorah | 2011-03-06 01:50 | コンサート
<< アカデミー・オヴ・セントマーテ... ロイヤルオペラハウスの新作オペ... >>