エッシェンバッハ指揮LPO演奏会

2011年2月25日、RFHにて。

Gustav Mahler: Lieder eines fahrenden Gesellen
Gustav Mahler: Symphony No.9

London Philharmonic Orchestra
Christoph Eschenbach: conductor
Christopher Maltman: baritone

今週はこれで3つ目のマーラー交響曲、記念年とはいえちょっとアップアップです。
最初の曲「さまよえる若人の歌」はつい先日も同じホールで聴いたばかり。残念ながら今回の演奏はそのときに及ばずで、モルトマンの歌唱にはいまいち乗れず。私はメゾソプラノで聴く方が好きなようです。管弦楽もユーロフスキー指揮のOAEの方が音はともかくマーラーらしさではよかった。

メインの9番はさすがにエッシェンバッハ、入念な指揮振りでオケもなかなかの演奏でした。各楽章ともこれといった欠点のないもので、第4楽章も充実した響き。しかしながら全体としての感動は2年前に聴いたガッティ指揮ロイヤルフィルに及ばずというところです。
第9番は2005年以来2年ごとに聴いていて、これで4回目の体験なので過去の分を自分のメモとして記しておきます。
2005年12月 ビエロフラーヴェク指揮BBC交響楽団
2007年1月 ハーディング指揮ドレスデンシュターツカペレ
2009年1月 ガッティ指揮ロイヤルフィル

Christoph Eschenbach & LPO
c0057725_1402228.jpg

[PR]
by dognorah | 2011-03-02 01:42 | コンサート
<< オペラ「蝶々夫人」公演 ラトル指揮ベルリンフィル公演(... >>