ドニゼッティのオペラ「アンナ・ボレナ」

2011年2月18日、バルセロナ、リセウ劇場にて。
At Gran Teatre del Liceu
c0057725_23304165.jpg

Anna Bolena by Gaetano Donizetti
Libretto: Felice Romani

Direcció musical : Andriy Yurkevych
Direcció d'escena : Rafel Duran

Enrico VIII : Simón Orfila (Calro Colombaraの代役)
Anna Bolena : Edita Gruberova
Giovanna Seymour : Elina Garanča
Lord Rochefort : Marc Pujol (Simón Orfilaの代役)
Lord Riccardo Percy : José Bros
Smeton : Sonia Prina
Sir Hervey : Jon Plazaola

今回のバルセロナ遠征は、ロンドンの椿姫さんやkametaro7さんなどオペラファンで構成されたグループ5人で行ったのでした。そのためオペラ以外の時間も楽しく過ごすことが出来、充実した旅になりました。

ドニゼッティの有名なオペラとして名前だけ知っていましたが、実際に舞台を見るのは今回が初めてです。そして噂通り、非常によくできた音楽で(ストーリーはあまりいいものではありませんが)確かにドニゼッティの最上級の傑作という印象を受けました。それはやはり歌手たちが揃ってすばらしかったことと、管弦楽も非常に優れた出来だったからでしょう。新演出も悪くはなかったですし。

歌手ですが、グルベローヴァもガランチャも絶好調でした。
グルベローヴァは昨年からの好調をしっかり維持していて、高音もとても美しいものでした。ガランチャとの二重唱Sul suo capo aggravi un Dioは非の打ち所もなく、すばらしい出来に長い拍手が続きました。あまりに長いのでグルベローヴァが舞台に再登場し、ガランチャにも手で合図して出てくるように促しましたが彼女は遠慮して出てきませんでした。第2幕の錯乱の場面で歌われるアリアChi può vederla a ciglio asciutto?とAl dolce guidami castel natìoの弱々しくも美しい襞のような表現は絶品で、涙が出てきます。こういう歌唱を聴けただけでもバルセロナまで来た甲斐があったというものです。

一方のガランチャも2006年に初めて聴いたガルニエでのセスト役以来かという位すばらしい歌唱で、姿形も美しく(同行した他の方々はちょっとふっくらしたとの感想だった)、今日はいつになく色気が感じられました。美しく深みのある彼女独特の声が朗々と響く声量の大きさにも改めて感心しました。

アンナの恋人役Lord Riccardo Percyを歌ったホセ・ブロスもいつものように素敵な声で私は大いに満足。ところが第2幕のアリアでちょっと盛り上げ方にしくじった小さな疵にブーが浴びせられてリセウの厳しい聴衆にびっくりしました。カーテンコールでもしつこくブーを飛ばす人がいて、本人も大変不機嫌でした。ブーするほどの不出来とも思えず、このバルセロナ出身のすばらしい歌手に何か恨みでもあるのかしらと訝ったぐらいです。

エンリコ8世を歌ったシモン・オルフィラはもともとLord Rochefortを歌うはずでしたが、カルロ・コロンバラが降りたために急遽エンリコ8世を歌うことになったのですが、Bキャストで最初からこの役を歌うことになっていたのでスムーズに代役をこなしていました。とてもよいバスで歌唱も堂々たるものでこの人にも満足しました。
スメトン役のソニア・プリナはロンドンで何度か聴いている人ですが、今日ももなかなかいい声が出ていて好ましいズボン役でした。アルトにしてはちょっと背丈が低いですが。

Lord Roshefortを代役で歌ったマーク・プジョルは第1幕ではあまりよくなく、一人凹んでいましたが第2幕では持ち直し、本来の実力を発揮したようです。それでも特段印象に残る声ではないですが。
ヘルヴェイ役のテノールも悪くはない声でした。

管弦楽がまたすばらしく、弦はとても美しい演奏です。指揮はアリアの部分では丁寧に歌手に合わせ、そうでない部分は緩急自在に演奏してドラマを盛り上げるツボを心得たもので、若い人ながらなかなか優れた指揮者です。

演出は一部ヴィデオを使ったりしてちょっと意味不明の部分もありましたが、全体としてはまあよくできた方でしょう。服装は現代物で、最初から最後まで舞台にはカラスの頭をかぶった男女がたくさん出てきて、合唱隊に混じったり、セットの家具を運ぶ役をやったり大活躍。友人も言っていましたがロンドン塔を暗示するものでしょうか。舞台は階段を多用するものの(時には3階建てにもなる)シンプルなもので場面転換もスムーズ、機能的なものでした。

カーテンコールではグルベローヴァ登場の時に上方から色とりどりのビラがたくさん降ってきました。最前列に座っていたkametaro7さんが拾って後で見せてくれましたが、グルベローヴァ出演の最終日に合わせて「また来てくれてありがとう、エディータ」という文章と彼女の写真が印刷されたものでした。仲間の皆さんに誘われて出待ちをしてその紙に彼女のサインをもらいました。ガランチャのサインはキャスト表にしてもらいました。大勢が取り囲むので彼らと話をすることが出来なかったのが心残りです。ガランチャには何で今夏のバーデンバーデンをキャンセルしたんだ?と問い詰めたかったのですが。

Edita Gruberova
c0057725_2319174.jpg


ビラに驚くグルベローヴァ
c0057725_23194767.jpg


ビラを掲げて
c0057725_23201369.jpg


Elina Garanča
c0057725_23212329.jpg

c0057725_23215390.jpg

c0057725_23222293.jpg


José Bros
c0057725_2323779.jpg


Marc Pujol, Simón Orfila and Elina Garanča
c0057725_23234146.jpg

[PR]
by dognorah | 2011-02-23 23:43 | オペラ
<< リセウの新演出パルシファル Miah Perssonソプラ... >>