ロンドン交響楽団演奏会

2011年2月10日、バービカンホールにて。

Strauss: Don Juan
Ravel: Piano Concerto in G
Strauss: Also sprach Zarathustra

Daniel Harding: conductor
Hélène Grimaud: piano
London Symphony Orchestra

久しぶりにLSOを聴きました。やはりこのオケは上手いです。音に華やかさがあるし、1曲目はそういうことで大変楽しめました。
そして、今日最も感心したのは2曲目のラヴェルのピアノ協奏曲です。
元々モーツァルトの23番が予定されていたのにグリモーの希望でラヴェルに変更になったのでした。ピアノも管弦楽も本当にすばらしい演奏で、特に第2楽章の叙情的で美しいことといったらもう大感激です。グリモーの感性には全面的に納得でき、この作品が名曲であることを思い知らせる出来でした。これを聴けただけでも今日来た甲斐がありました。

Daniel HardingとHélène Grimaud
c0057725_23505790.jpg


最後の曲は冒頭の部分が映画などで有名ですが、以前誰かの演奏で全曲聴いたときはあまり楽しめなかった記憶があります。さて今日はハーディングはどう料理するかなと神経を集中させましたが、私にとってやはりあまり好きな曲じゃないことが確認できただけです。演奏自体は大変力のこもったニュアンス豊かなものでしたが、シュトラウスのあまり好きじゃない交響詩分野の中でも好感度は下の方かなと思いました。最初の「ドン・ファン」の方が好ましい音楽です。
なお、この作品の演奏の冒頭でニーチェの「ツァラストラはこう語った」の短い抜粋が朗読されて、それから演奏が開始となり、そういうスタイルは初めて聴きました。
[PR]
by dognorah | 2011-02-11 23:53 | コンサート
<< Freiburg Percus... ピアニストEduard Sta... >>