ロイヤルバレーの「ジゼル」

2011年1月11日、ROHにて。

Music: Adolphe Adam revised by Joseph Horovitz
Choreography: Marius Petipa after Jean Coralli and Jules Perrot
Conductor: Koen Kessels

Giselle: Tamara Rojo
Albrecht: Carlos Acosta
Hilarion: Gary Avis
Wilfred: Valeri Hristov
Berthe: Genesia Rosato
Pas de six: Yuhui Choe, Ricarda Cervera, Akane Takada, Fernando Montaño, Iona Loots, Valentino Zucchetti
Myrtha: Laura Mcculloch
Moyna: Helen Crawford
Zulme: Sian Murphy

この演目は以前見たことがあるもののかなり前で記憶もあやふやなので今回久しぶりに見てみました。
ダンサーはロッホ、アコスタ、エイヴィスにマッカロッホもすべて不満のない出来です。それに加えてPas de sixのユフイ・チェも美しいダンスで楽しめました。相手役のリカルド・セルベラも結構頑張っていました。
管弦楽もよい出来でした。

終了直後のカーテンコール
c0057725_20543064.jpg

c0057725_215789.jpg

c0057725_2164253.jpg

c0057725_2173191.jpg


Tamara Rojo
c0057725_218269.jpg


Laura Mcculloch
c0057725_2184922.jpg


Carlos Acosta
c0057725_2192062.jpg


Gary Avis
c0057725_2195692.jpg

[PR]
by dognorah | 2011-01-17 21:15 | バレー
<< ハイドンのアリアを聴く夕べ ヴァイオリン、ヴィオラ、ピアノ... >>