パッパーノ指揮ロンドン交響楽団

2010年12月15日、バービカンホールにて。

Ligeti: Concert Românesc
Bruch: Violin Concerto No.1
Rimsky-Korsakov: Scheherazade

Antonio Pappano: conductor
Midori: violin
London Symphony Orchestra

今日はみどりさん出演のせいで普段あまり見かけることのない日本人聴衆が大勢来ていました。
1曲目のリゲティの作品は初めて聴く曲です。 15分足らずの短い曲ながら4部構成で、1951年の作品にしては美しい弦楽合奏でおとなしめに始まるなぁと思ったらすぐに木管群が暴れ出し、やはり現代曲らしい音やメロディになりましたがルーマニアの民族音楽に基づいているようです。 陽気でなかなか気の利いた音楽で、普段もっと演奏されてもいいじゃないかと思わせるものです。 とても楽しめるいい演奏でした。

みどりさんを聴くのは90年代前半以来久しぶりですが、もう39歳になっているんですね、すっかり中年の女性でした。 昔は大きなハンカチを顎に当てて演奏していましたが今は半分乃至4分の1程度にしていました。 演奏中は目をつぶって顔をヴァイオリンに寝かせるような姿勢で弾きます。 従って指揮者をほとんど見ていないでしょう。 一音一音非常に丁寧に弾く印象で、そのせいかテンポがかなり遅いです。 第1楽章で遅いと感じたそのテンポは第2楽章でさらに遅くなります。 さすがに第3楽章は普通よく聴かれるようなテンポでしたが。 音は非常に美しく、ゆったりと流れる音楽にも抵抗なく入っていけます。 満足すべき演奏でした。 歓声を上げる聴衆に再三呼び戻されたけれどアンコールはなし。
この後インターヴァルになりますが、その間ロビーをうろついていたら何とみどりさんがロビーに出てきて聴衆と対話したり求めに応じてサインしたりしていました。 こういう演奏家に今までお目にかかったことがありません。 気さくな人柄なのでしょう。

Midori
c0057725_030264.jpg


最後のプログラム、シェヘラザードは威圧的ではない色彩的演奏が美しい。 コンサートマスター、ロマン・シモヴィッチのテーマ演奏は感情がこもって非常に美しいものでした。
オペラ以外でパッパーノの指揮を聴くのはたぶんこれが初めてだと思いますが、オペラと同様一定水準以上の演奏ながら非常に感動させられるというレヴェルでもありません。
[PR]
by dognorah | 2010-12-18 00:32 | コンサート
<< フリーデンスライヒ・フンデルト... タンホイザー >>