ヘンデルのオペラ「アルチーナ」

2010年11月26日、ヴィーン国立歌劇場にて。
c0057725_1093428.jpg

Alcina: eine Oper in drei Akten
Musik: Georg Friedrich Händel
Wiener Staatsoper on 26.11.10

* Marc Minkowski | Dirigent
* Adrian Noble | Inszenierung
* Anthony Ward | Ausstattung
* Jean Kalman | Licht
* Sue Lefton | Choreographie
*
* Anja Harteros | Alcina
* Veronica Cangemi | Morgana
* Vesselina Kasarova | Ruggiero
* Kristina Hammarström | Bradamante
* Shintaro Nakajima (Wiener Sängerknabe) | Oberto
* Benjamin Bruns | Oronte
* Adam Plachetka | Melisso

Les Musiciens du Louvre - Grenoble

何の気なしに予約したこのオペラですが、いやーエライものを見ちゃいました。 実にすばらしいプロダクションです。
なんといってもイギリス人でロイヤル・シェークスピア・カンパニーの演出家エイドリアン・ノーブルの演出が凄い! 歌手達や俳優達の立ち居振る舞いからセットまですべて美しいのです。 各シーンとも心憎いまでに細部にわたって丁寧に作られ溜息が出るくらいです。 このオペラは間奏曲のようなものが挿入されている箇所が多く、そこにダンスを投入しているのですがこれがまた雰囲気に合って楽しい。 そして多くのアリアのシーンでは舞台上に奏者が数人上がってその演奏をバックに歌います。 これは演出家のアイデアかミンコフスキーのアイデアか知りませんが。 奏者はもちろん舞台上にいる出演者達にマッチするような服装をしていますが、とにかくアリアがより心に迫ってくる印象です。 こういうのを見るとオペラが成功するかどうかということに関して演出がいかに大切かを再認識させられます。 こうなったら歌手は2の次という感じがしないでもないけれど、今夜の歌手も十分すばらしくて感動は倍増しました。 

タイトルロールのアンヤ・ハルテロスは歌唱は絶好調というわけじゃなかったと思いますが、ファッションモデルを思わせる端正な容姿が女王らしい威厳と華やかさを発散させているので少々の疵は気になりません。 
ヴェッセリーナ・カサロヴァは絶好調でハルテロスよりアリアが多いしアリアの変化にも富んでいるのでいつもやんやの喝采です。
ヴェロニカ・カンジェミは今まで何回か聴いていますがその中では今回は一番出来が悪いです。といってもまあまあというレヴェルですが、声の出方がスムーズじゃなかった。
クリスティーナ・ハンマーストロームはカサロヴァほどではありませんが十分すばらしいメゾでした。
メリッソ役のアダム・プラチェッカは素敵な低音で立派。
特筆すべきはオベルト役の日本人ボーイソプラノ、シンタロー・ナカジマで、今回のプロダクションはヘンデルの指定通りボーイソプラノを採用したので登場する機会があったわけですが、逆に言えば、彼が存在したから女性歌手でなしにちゃんとボーイソプラノで公演できたのじゃないでしょうか。 そう言えるくらい彼の歌唱はすばらしいものでした。 彼のアリアは各幕に一回ずつありますが、すべて結構長いアリアでしかもかなりのアクション付きですが、演技も見事にこなしながら感動させるような歌唱が出来るなんて凄いことです。 まだ14歳だそうですよ。 ヴィーン少年合唱団の一員だそうです。 第1幕では観衆は、結構やるなぁという程度の拍手でしたが、第2幕ではちらほらブラヴォーが出、第3幕では騒然とブラヴォーが飛び交う大拍手喝采でした。 私なんか感動したのと日本人としてうれしいのとで涙が出てきちゃいました。 子供役なのでオネンネの用意をしているんだというわけでしょう、いつも寝間着姿でしたが、なかなかの美少年ですね。 カーテンコールの写真とヴィデオを貼り付けましたのでご覧ください。 年齢からしてもう声変わりしていてもおかしくないので、ボーイソプラノとしてはこれが最後の活躍かもしれません。 大人の声になっても歌手の道を歩んでほしいですね。

ミンコフスキーの指揮する古楽器オケ、最上とは言えないけれどかなりのレヴェルです。 出だしはギスギスした音でしたがだんだんよくなり、いいアンサンブルを聴かせてくれました。 私の席の隣のオーストリア人によると、ここでバロックオペラをやるのはひょっとして50年ぶりぐらいかもとか、外部のオケが演奏するなんて今まで聞いたことがないなどの話をしてくれました。 それがどの程度本当か知りませんが今回はそれぐらいまれな上演だったようです。
ミンコフスキーはいつの間にかひげ面スタイルになっていたんですね。
プレミエ公演なのでDVDになるそうですが入手が待ち遠しいです。 尤も、演出はDVDでは別物という印象になるでしょうけれど。

公演が終わってホテルに帰ろうと外に出たら雪がちらついていましたが、心の中はぽかぽか。

国立歌劇場のサイトからの写真
BradamanteとMelissoは気球でAlcinaの島に到着
c0057725_9361354.jpg


ラヴシーンを演じるAlcinaとRuggiero
c0057725_93759.jpg


以下はカーテンコールの写真(クリックで拡大)とヴィデオ
Anja Harteros
c0057725_9425567.jpg

c0057725_9432736.jpg


Vesselina Kasarova
c0057725_9442439.jpg


Shintaro Nakajima, Veronica Cangemi and Anja Harteros
c0057725_945271.jpg


Adam Plachetka and Shintaro Nakajima
c0057725_9461837.jpg


Shintaro Nakajima
c0057725_947154.jpg


Veronica Cangemi
c0057725_948064.jpg


Kristina Hammarström and Benjamin Bruns
c0057725_9484110.jpg


Marc Minkowski
c0057725_9493039.jpg



[PR]
by dognorah | 2010-11-29 10:03 | オペラ
<< プッチーニのオペラ「マノン・レ... Westminster Abb... >>