アドリアナ・ルクヴルール初日

2010年11月18日、ROHにて。

Adriana Lecourvreur: Opera in four acts
Music: Francesco Cilea
Libretto: Arturo Colautti

Director: David McVicar
Conductor: Mark Elder
Royal Opera Chorus
Orchestra of the Royal Opera House

Adriana Lecouvreur: Angela Gheorghiu
Maurizio: Jonas Kaufmann
Prince de Bouillon: Maurizio Muraro
Princesse de Bouillon: Michaela Schuster
Michonnet: Alessandro Corbelli
Abbé de Chazeuil: Bonaventura Bottone
Poisson: Iain Paton
Quinault: David Soar
Madame Jouvenot: Janis Kelly
Madame Dangeville: Sarah Castle
Mademoiselle Duclos: Barbara Rhodes

15日のリハーサルでは字幕を読んで会話の内容を把握するようにしましたが、今日は舞台と音楽に集中して聴きました。 その結果、このプロダクションは非常に完成度の高い内容の濃いものであることがわかりました。
まず、デイヴィッド・マクヴィカーの演出が凄い! 音楽なしの演劇として見ても耐えられるくらいよくできています。 5劇場相乗りで通常より予算が豊富だったのか、舞台装置にも結構お金がかかっている風に見えます。 第3幕のPrince de Bouillonの私邸内の小劇場も非常に美しく作られているのでリハーサルの時には拍手が湧き起こったくらいです。 特に感銘したのは第4幕最後にアドリアナが息を引き取るシーンで、それまで斜めになっていたコメディ・フランセーズの舞台が静かに正面を向き、アドリアナの同僚達が奥から横一列で登場し、帽子を取って死者への弔いを表現するとともにこのオペラの幕切れを表現するやり方です。 心にジーンと来ました。
このマクヴィカーの演出に加えてアンジェラ・ゲオルギューの演技がすばらしく見応えのあるものになっています。 特に第3幕でラシーヌの『フェードル』の一節を朗詠することで恋敵をやっつけるところなどど迫力で、マーク・エルダーのこれまたすばらしい管弦楽で増幅されてどきどきするような緊張感が醸し出されました。 カーテンコールで出てきたマクヴィカーは真っ先にゲオルギューのところに駆け寄って彼女をひしと抱きしめていましたが、それだけ彼の演技付けを忠実にこなして演劇としての完成度を高めてくれたということでしょう。 ちなみに今日のマクヴィカーは過去に見たことのないほどの上機嫌で、手をつないで観客に挨拶しているときもしつこくゲオルギューの手にキスをしていました。

歌唱の方はアドリアナの恋敵役Princesse de Bouillonを歌ったミヒャエラ・シュスターがリハーサル時に比べてややスムーズさに欠ける部分があるほかはすべての人がリハーサルとほぼ同じ万全の歌唱でした。 特にゲオルギューは声量こそ控えめながら微妙な心の綾を表現する歌唱が絶品で感動ものです。 恋人Maurizio役のヨナス・カウフマンも歌唱はうまく、各アリアともブラヴォー続出でしたが、この人の声がどんどんバリトン的になっていくのが気になります。 6年前に初めてコヴェントガーデンでゲオルギューと共演したプッチーニのLa Rondineではイタリアオペラにふさわしい輝かしいテノールでしたが、年を経るに従い声質はどんどん暗くなっていって最近の「カルメン」、「椿姫」、「トスカ」あるいは「ドン・カルロ」でも私はいまいちその声自体には魅力を感じなくなりました。 今回も同じで往年の片鱗は感じられるものの、かすれ声の多い様には少々がっかりします。 先日もウイグモアホールでやったリサイタル(超人気のため切符は入手できませんでしたが)の放送を聴いた限り、「美しき水車屋の娘」はユニークな歌い回しで感動的名唱ではありましたがバリトンによる歌唱といっても大げさではないでしょう。 インタビューでヴァーグナーをどんどんやっていきたいと言っていることからそっちの方向に向かって声質を変えていっているのかもしれません。
それはともかく第1幕や第4幕のゲオルギューとの二重唱もすばらしく歌唱的には堪能しました。

今日のマーク・エルダーの指揮ですが全般にリハーサル時より遙かによく、空気の襞を表現するがごとく美しいアンサンブルと精緻な表現で各場面の情景を心憎いばかりに描出するすばらしい演奏でした。 劇的なインパクトも凄い迫力です。 このように、オペラ自体はあまり上演されないことからわかるように非常に魅力的とはいえないにしても、今回のプロダクションは管弦楽、歌唱、演出、演技が高いレヴェルで噛み合った類い希な出来となりました。 DVDを作るのかどうか気になるところです。

カーテンコールの写真
Angela Gheorghiu、後ろはBonaventura Bottone
c0057725_9223093.jpg


Jonas Kaufmann
c0057725_9225180.jpg

c0057725_9231914.jpg


Michaela Schusterとは同じドイツ人同士で話が弾むようです
c0057725_9235973.jpg


Maurizio Muraro
c0057725_9252580.jpg


Michaela Schuster
c0057725_9245892.jpg


Alessandro Corbelli
c0057725_9242535.jpg


Angela Gheorghiu, David McVicar and Mark Elder
c0057725_925509.jpg

[PR]
by dognorah | 2010-11-20 09:48 | オペラ
<< モーツァルトのオペラ「後宮から... 大野和士指揮ロンドンフィル演奏会 >>