ドニゼッティのオペラ「ルクレチア・ボルジア」(コンサート形式)

2010年10月6日、ヴィーン国立歌劇場にて。

Lucrezia Borgia: Oper in einem Prolog und zwei Akten
Musik: Gaetano Donizetti
Libretto: Felice Romani nach dem Drama Lucrèce Borgia von Victor Hugo

* Friedrich Haider | Dirigent
* Michele Pertusi | Don Alfonso I.
* Edita Gruberova | Lucrezia Borgia
* José Bros | Gennaro
* Laura Polverelli | Maffio Orsini
* Gergely Németi | Jeppo Liverotto
* Adam Plachetka | Don Apostolo Gazella
* Dan Paul Dumitrescu | Ascanio Petrucci
* Benedikt Kobel | Oloferno Vitellozzo
* Hans Peter Kammerer | Gubetta
* Peter Jelosits | Rustighello
* Marcus Pelz | Astolfo

グルベローヴァは最初の方は高音がややかすれ気味で、この春ブリュッセルで聴いた時の好調さは感じられなかったけれど、ドラマの進行と共に調子が出てきて高音もきれいに出るようになりました。第2幕最後で死ぬ間際のアリアでは大きな声量で絶叫するような高音は大迫力でもう参りました。聴衆も大喜びの大歓声でした。

ゲンナロ役のホセ・ブロスは相変わらずの美声で上手い歌唱、言うことなしです。私が聴く限りこの人はいつも好調で、安定した実力の持ち主です。

ズボン役のオルシーニを歌ったラウラ・ポルヴェレッリは初めて聴く人ですがなかなか上手く、美しい声は大変魅力的です。ズボン役としては身長があまりないのが残念でしょう。

ドン・アルフォンソ役のミケレ・ペルトゥージも初めて聴く人でまあまあの歌唱ですが、バス・バリトンとしてもう少し低音の迫力がほしいところです。

他の歌手も大方すばらしい声でしたし、合唱も非常に上手かった。

今日はコンサート形式でオケが舞台上にいるせいか、音がことのほか魅力的でこのオケの実力を堪能しました。指揮のハイダーは、奥さんのグルベローヴァのおかげで指揮させてもらえるなど言われることもありますが、これだけの音楽を作ってすばらしい音を弾きだしているということはそれ相応の実力の持ち主だと思いました。音楽的には大変楽しめました。

ところで、このオペラは初めて聴くものなので事前にDVDで予習しました。聴いたものは1980年録画のROHのもので、奇しくもこの日曜日に亡くなったジョーン・サザーランドがタイトルロールを歌っているものです。このDVDの出来はすばらしく、サザーランドは言うに及ばず、テノールのアルフレッド・クラウス、メゾソプラノのアン・ハウエルズ、バスのスタッフォード・ディーンも美しくも迫力ある歌唱で、演技も堂にいったもの、舞台は古典的なつくりと衣装が美しいし、ボニングの指揮もこれぞドニゼッティといわんばかりの心に迫る演奏、30年前の録音にしては音質もすばらしく、お勧めのDVDです。このドン・アルフォンソの迫力ある歌唱を聴いてしまったら他の歌手で満足するのは稀だろうと思います。

コンサート終了後の写真
主要役4人
c0057725_20171219.jpg


José Bros and Edita Gruberova
c0057725_20174215.jpg


Edita Gruberova, 後ろはコンサートマスターのRainer Küchlさん
c0057725_20181578.jpg


José Bros
c0057725_20185643.jpg


Edita Gruberova and Michele Pertusi
c0057725_20192692.jpg


Laura Polverelli
c0057725_20195549.jpg

c0057725_20202811.jpg


Friedrich Haider
c0057725_2021152.jpg


おまけ。Kさんこと第1ヴァイオリン奏者のWilfried Kazuki Hedenborgさん
c0057725_20213827.jpg

[PR]
by dognorah | 2010-10-12 20:35 | オペラ
<< リセウ劇場の「カルメン」ライヴ中継 プッチーニのオペラ「トスカ」 >>