オペラ「コシ・ファン・トゥッテ」

2010年9月4日、Woodhouse Operaにて。

Mozart: Cosi fan tutte (Two acts opera buffa)
Producer, Design, Costumes and Director: Monika Saunders
Conductor: Joseph Samir Ramadam
Fiordiligi: Susan Parkes,
Dorabella: Martha Jones,
Guglielmo: Edward Grint,
Ferrando: David Webb,
Despina: Helen-Jane Howells,
Don Alfonso: Henry Grant Kerswell
With singers, chorus and orchestra from RAM and RCM

サリー州の片田舎のWoodhouseというところでやっているオペラです。会場は丘に囲まれている感じで、木立が美しい。池も風情がある。広すぎることもないのでピクニックにはちょうどいい。しかし3箇所しかないトイレの2箇所が壊れているっていうのはどうよ。
オーケストラは各パートは一人ずつながら、歌手は衣装も美しく、英語で歌うもののかなりまともな公演でした。出演者は当然若い人ばかりです。
c0057725_2031581.jpg

舞台は上の写真のように第1幕が丘の中腹の木立の中に設営されていました。オケは地面に掘った穴にいるような感じです。歌手は舞台後方の階段や左右の坂道を上がってきて歌います。グリエルモとフェランドが徴兵されたと嘘を言って姉妹と別れるシーンでは舞台下方にある池で本当にボートに乗って出ていくというリアルさで大いに湧かせました。全体に出演者たちは音楽大学での演劇の訓練がきっちりされていて演技はとてもうまかったです。
第2幕はメインの建物の前の階段部分を使います。4時から開始ながらインターヴァルは1時間以上取るので第2幕終了時にはあたりは真っ暗で、建物の近くでないと無理ということでしょう。日が落ちてくるとじっと座って見ている方はちょっと寒いという感じですが、まあオペラは楽しめました。歌手では、ドラベラ役とグリエルモ役が結構上手かった。特にグリエルモは声がすばらしい。次いでデスピーナ役か。
今回は晴れていて幸運だったけど、雨が降るとどうなるかは案内には書いていない。
来年はドン・ジョヴァンニをやるそうだけど、多分私はもう来ないでしょう。
[PR]
by dognorah | 2010-09-07 20:08 | オペラ
<< スピノジ指揮アンサンブル・マテ... ヘンゼルとグレーテル(Prom... >>