ベートーヴェンの第9(Proms 57)

2010年8月28日、RAHにて。

* Berg: Violin Concerto
* Beethoven: Symphony No. 9 in D minor, 'Choral'

* Gil Shaham: violin
* Helena Juntunen: soprano
* Charlotte Hellekant: mezzo-soprano
* Eric Cutler: tenor
* Neal Davies: bass

* BBC Symphony Chorus
* Minnesota Orchestra
* Osmo Vänskä: conductor

プロムス恒例の第9は今年はオスモ・ヴァンスカ指揮ミネソタ管弦楽団の演奏です。
それに先立って、ベルクのヴァイオリン協奏曲が演奏されました。ヴァイオリン独奏はもともとLisa Batiashviliが予定されていましたが病気のため一昨日バーバーの協奏曲を弾いたばかりのギル・シャハムが代役出演しました。まるで予定していたかのように苦もなく弾き切りましたが相変わらず透明で美しい音色、それに今日は曲のせいか温かみも感じられてすばらしい演奏でした。さすがにバーバーの時と違ってニコニコ顔は少なくてかなり真剣な表情でしたが。バックのオケはカチッと揺るぎないものでこれまた立派な演奏でした。実演でこれを聴くのは初めてですが、名曲ですね。第2楽章の後半は実に美しいし。
アンコールは今回もバッハから、今日はパルティータ第1番サラバンドのダブルです。何かベルクの雰囲気をそのまま補足するかのような印象でした。

Gil Shaham with Osmo Vänskä
c0057725_7464952.jpg


ベートーヴェンの第9はきわめて中庸のテンポで奇をてらうことのないまっとうな演奏、かといって決して退屈ではない聴き応えのあるものでした。聴いていてこのオケは特に特徴がないものの先日聴いたロッテルダム・フィルよりは実力は上でがっしりした音は安心して任せられる感じです。第4楽章の独唱合唱ともすばらしく全く瑕がありません。バスはやや高めの明るい声ですが堂々とした第一声で好印象でした。METでよく歌っているので名前を知っているエリック・カトラーもいい声でしたし、合唱団と共に管弦楽も盛り上がって満足すべき結末でした。聴衆は大歓声で大喜びです。
[PR]
by dognorah | 2010-08-31 07:48 | コンサート
<< ヘンゼルとグレーテル(Prom... BBC交響楽団演奏会(Prom54) >>