ボリショイバレー公演「海賊」

2010年8月2日、ROHにて。
Le Corsaire: Ballet in three acts with epilogue
Music: Adolphe Adam
Choreography: Alexei Ratmansky and Yuri Burlaka (based on Marius Petipa)
Conductor: Pavel Klinichev
Orchestra of the Bolshoi Theatre

Medora: Maria Alexandrova
Conrad: Nikolai Tsiskaridze
Gulnare: Marianna Ryzhkina
Birbanto: Vitaly Biktimirov
Pas d’esclaves: Nina Kaptsova and Ivan Vasiliev
その他大勢

今回の公演は事前に調べて行ったストーリーとはかなり違っていてちょっと戸惑いましたが、要するにダンスを沢山お見せすればよろしいでしょうというスタンスか。とにかく登場人物が多くてダンスがこれでもかこれでもかと言うくらい盛りだくさんで、7時半開始の公演は2回のインターヴァルを挟んで終了は11時。ちょっと飽和気味でした。そのくせ一番人気の海賊首領コンラッド役のNikolai Triskaridzeが踊るのは第1幕と第2幕のほんのわずかで第3幕は全くなし。しかしそのわずかでも第2幕のメドラ役Maria Alexandrovaともども回転技には舌を巻きました。この部分が一番の見所でしょう。これ以外では第1幕で披露されるPas des esclavesで、先日スパルタクスで凄い踊りを見せてくれたIvan Vasilievが同じパートナー Nina Kaptsovaを相手に舞台狭しと飛び跳ねるダンスかな。
その他では第2幕で大勢のコールドの隙間を縫って踊られるMaria AlexandrovaとMarianna Ryzhkinaのダンスでしょうか。足技の見事さに感嘆しました。私はMarianna Ryzhkinaの方が好みかな。
管弦楽は特に不満のない出来。この作品はアダンの作ということになっていますが、音楽的にはドリーブはじめ合計6人の他の作曲家のスコアも付け加えられていてその分だけでも盛りだくさんです。
Nikolai Tsiskaridzeはロンドン公演では出演が今日で最後ということなので終演後はフラワーシャワーが浴びせられました。

カーテンコールの写真
Nina Kaptsova and Ivan Vasiliev
c0057725_19224026.jpg

c0057725_19231383.jpg


第1幕終了後のNikolai Tsiskaridze and Maria Alexandrova
c0057725_19235048.jpg


第2幕終了後のMarianna Ryzhkina and Maria Alexandrova
c0057725_19244255.jpg


終演後のMarianna Ryzhkina
c0057725_1926278.jpg


終演後のMaria Alexandrova and Nikolai Tsiskaridze
c0057725_19264130.jpg

c0057725_19272643.jpg


Maria Alexandrova, Nikolai Tsiskaridze and Marianna Ryzhkina
c0057725_1928146.jpg


指揮者Pavel Klinichevと共に
c0057725_19284593.jpg

[PR]
by dognorah | 2010-08-04 19:44 | バレー
<< マーラーの交響曲第3番 (PR... ザンドナーイのオペラ「フランチ... >>