Richard Wagner: Die Meistersinger von Nürnberg

2010年7月19日、RAHにて。
今年のProms二日目。ウェールズ国立オペラのプロダクションをコンサート形式で上演するものです。
•Bryn Terfel Hans Sachs
•Raymond Very Walther von Stoltzing
•Amanda Roocroft Eva
•Christopher Purves Beckmesser
•Andrew Tortise David
•Anna Burford Magdalene
•David Soar Nightwatchman
•Brindley Sherratt Pogner
•Simon Thorpe Kothner
•David Stout Nachtigall
•Paul Hodges Schwartz
•Rhys Meirion Zorn
•Andrew Rees Eisslinger
•Stephen Rooke Moser
•Arwel Huw Morgan Foltz
•Geraint Dodd Vogelgesang
•Owen Webb Ortel
•Chorus and Orchestra of Welsh National Opera
•Lothar Koenigs conductor
指揮者はこの劇場の音楽監督でドイツ生まれの人です。演奏は大変まともで楽しめました。ただ管弦楽は編成が大きくなく(たとえばバスは6本)、やや薄っぺらな音であるのが残念です。
ハンス・ザックスを歌ったブリン・ターフェルは大変すばらしく、2年前にバイロイトで聴いたハヴラータとは雲泥の相違。重要な役だけにターフェルを持ってきて大正解です。ヴァルターを歌ったレイモンド・ヴェリーもなかなかよくて透明感のあるテノールは楽しめました。他の歌手も注目に値する人はいなかったにしろ、そこそこ上手くて、カーディフでの舞台は恐らく評判がよかったことでしょう。

Brindley Sherratt as Pogner, Raymond Very as Walther von Stoltzing, Amanda Roocroft as Eva and Bryn Terfel as Hans Sachs
c0057725_240091.jpg


Lothar Koenigs (conductor), Bryn Terfel and Christopher Purves as Beckmesser
c0057725_2422218.jpg

[PR]
by dognorah | 2010-07-22 02:43 | オペラ
<< ボリショイバレー公演「スパルタクス」 ゲオルギューの「椿姫」公演 >>