オペラ「カルメン」公演

2010年6月24日、ROHにて。

Carmen by Georges Bizet (Performance for 3D filming)

Conductor: Constantinos Carydis
Director: Francesca Zambello

Carmen: Cristine Rice
Don José: Bryan Hymel
Micaëla: Maija Kovalevska
Zuniga: Nicolas Courjal
Frasquita; Elena Xanthoudakis
Mercédés: Paula Murrihy
Escamillio: Aris Argiris
Le dancaïre: Adrian Clarke

3D映画を撮るために客席に大きなクレーン付のカメラ2台と舞台上でカメラマンが動き回るという特別イヴェントのため主要な席は全席37.5ポンドという値段でした。実は当方の誤解ですでに作った3D映画を見せてくれると思っていたらこれから作るところだった。で、結果は最低。カメラは邪魔になるし前の席には大男が座るしで、舞台はろくに見えなかったので我慢できずにインターヴァルで退出してしまいました。
歌手ではカルメンを歌ったクリスティーヌ・ライスは柔らかい美声で予想以上に健闘していました。しかしやや単調でガランチャには比べることが出来ません。ドン・ジョゼ役のブライアン・ハイメルはきれいな声ながらファルセットで歌っているのでは、という印象で、時に声もこもりがちでかなり不満です。ミカエラを歌ったマイヤ・コワレフスカはいい声で歌唱もよかった。エスカミーリョ役のアリス・アルギリスもまあ上手くて楽しめる歌唱でした。
今回は映画だと思って出かけたのでカメラも持参せず、写真はありません。
[PR]
by dognorah | 2010-06-25 06:36 | オペラ
<< ドミンゴの「シモン・ボッカネグ... ROHのオペラ「マノン」初日 >>