ドミンゴの「シモン・ボッカネグラ」リハーサル

2010年6月26日、ROHにて。

Simon Boccanegra by Giuseppe Verdi (General Rehearsal)

Director: Elijah Moshinsky
Conductor: Antonio Pappano

Simon Boccanegra: Plácido Domingo
Amelia: Marina Poplavskaya
Fiesco: Ferruccio Furlanetto
Gabriele Adorno: Joseph Calleja
Paolo: Jonathan Summers
Pietro: Lukas Jakobski

バリトンとしてのドミンゴの声は輝かしい半面低音のパンチがやや不足というのが印象でした。たとえば第1幕第2場で、この中に卑劣漢がいてその名前を自分は知っている、というせりふでパオロを震えさせる場面は迫力不足で、ここなどレオ・ヌッチにはかなわない。
フルラネットの声は相変わらずすばらしい低音が堪能できました。
ジョセフ・カレイヤは絶好調の歌唱でとてもよかった。この人、調べたら1978年生まれで先日聴いたグリゴーロよりひとつ年下なんですね。
マリーナ・ポプラフスカヤは悪くないけれど、どうしてもこの人の声は好きになれません。

カーテンコールの写真。
左から、Jonathan Summers、Joseph Calleja、Plácido Domingo、Marina Poplavskaya、Ferruccio Furlanetto
c0057725_2334743.jpg


c0057725_2341745.jpg

c0057725_2352865.jpg

c0057725_2383244.jpg


Joseph Calleja
c0057725_236649.jpg


Ferruccio Furlanetto
c0057725_2364023.jpg


Marina Poplavskaya
c0057725_237248.jpg

[PR]
by dognorah | 2010-06-27 23:15 | オペラ
<< ドミンゴの「シモン・ボッカネグ... オペラ「カルメン」公演 >>