ドニゼッティ「連隊の娘」公演

2010年5月25日、ROHにて。

La Fille du Régiment: Opéra comique in two acts
Music: Gaetano Donizetti

Conductor: Bruno Campanella
Director and Costume: Laurent Pelly

Marie: Natalie Dessay
Tonio: Juan Diego Flórez
La Marquise de Berkenfeld: Ann Murray
Sulpice Pingot: Alessandro Corbelli
Hortensius: Donald Maxwell
Corporal: Jonathan Fisher
Peasant: Luke Price
Notary: Jean-Pierre Blanchard
La Duchesse de Crackentorp: Dawn French

3年ぶりの再演ですが、キャストはほぼオリジナルのままです。今回もドゥセとフローレスは絶好調でした。このオペラは二人のアリアが多いのもいいですね。前回も思ったことですがドゥセの歌は派手なものよりしっとりと歌う叙情的なものが圧倒的にすばらしい。フローレスとの二重唱では声質のせいでフローレスのパワーに圧倒されてしまう気がします。演技的には兎に角凄くて、結構観客とのコミュニケーションを取る人です。コルべりを加えた三重唱が第2幕でありますが、一瞬歌唱が終わったかのように見えるところでぱらぱらと拍手が起きると、彼女は下のほうで手を振って「まだよ」と合図して拍手を止めたり、アリアの後で拍手が続くところでは指揮者に合図してオペラを進行させたり。
それにしても(毎回思うことですが)フローレスの声はちょっと類を見ないすばらしさですね。今回も堪能しました。
ドニゼッティ専門とも思える指揮のブルーノ・カンパネッラの作る音楽は前回と同様文句なしの出来で舞台進行は滞りなしです。

今日は偶然、多くの友人たちも来られ、開始前とインターヴァルは会話に忙しい日でした。日本からはkametaro07さんもお見えで、ロンドンの皆さんと初対面も。
以下の写真はクリックで拡大します。

カーテンコール
c0057725_026877.jpg


Natalie Dessay
c0057725_0265955.jpg


Juan Diego Flórez and Ann Murray
c0057725_0274614.jpg


Natalie Dessay and Bruno Campanella
c0057725_0281947.jpg


Dawn French and Alessandro Corbelli
c0057725_0315934.jpg

[PR]
by dognorah | 2010-05-27 00:35 | オペラ
<< ヨルダンの21歳のピアニスト、... ヴィヴァルディのオペラOtto... >>