ConTempo Quartet演奏会

2010年4月1日、ルーマニア文化協会にて。

とてもいい演奏会だったのに翌日からの旅行のために記事アップを忘れていました。
c0057725_2315997.jpg

コンテンポ弦楽四重奏団は1995年にブカレストの音楽大学で結成されました。第1ヴァイオリンとチェロが男性で、現在は夫婦二組での構成となっています。国際的にかなり有名でウイグモアホール、カーネギーホールなど世界中で活躍しています。(写真はIrishTimes.comより借用)

プログラム
R. Schumann: Quartet No.3, Op.41
G. Enescu: Quartet No.2, Op.22
L. van Beethoven: Quartet Op.132

3曲ともとても重厚な曲目でメインディッシュを3皿頂いたような気分です。演奏は美しさと緊張感が織り成される深遠なもので密度が高かったです。最初の二曲は初めて聴く作品ですが最後のベートーヴェンのものは若いころからよくレコードで聴いていた好みの曲です。それもあってか、この曲の第4楽章は自分が持っているイメージとは少し違う演奏であることがよくわかり、全面的には賛同できるものではありませんでした。私はもっと魂の奥深いところを揺さぶるようなエネルギーを欲していますが、今回の演奏はやや軽いと思いました。そのために深刻な悩みから解放されて明るい気分になる第5楽章との対比が少し弱いものになっています。
とはいっても3曲とも大変楽しめたいい演奏会でした。ここで開催されるコンサートはこういった国際的に活躍しているレヴェルの高い人たちが出演するのではずせません。
[PR]
by dognorah | 2010-04-12 02:34 | コンサート
<< BBC交響楽団マルティヌー連続... ベルリオーズ「トロイ人」公演 >>