パリオペラの「ラインの黄金」

2010年3月28日、バスティーユにて。

Paris Opera Bastille, 28 March 2010.

Das Rheingold
Musique et Livret de Richard Wagner

PHILIP JORDAN: Direction musicale
GÜNTER KRÄMER: Mise en scène
ORCHESTRE DE L'OPÉRA NATIONAL DE PARIS

EGILS SILINS: Wotan
SAMUEL YOUN: Donner
MARCEL REIJANS: Froh
KIM BEGLEY: Loge
PETER SIDHOM: Alberich
WOLFGANG ABLINGER-SPERRHACKE: Mime
IAIN PATERSON: Fasolt
GÜNTHER GROISSBÖCK: Fafner
SOPHIE KOCH: Fricka
ANN PETERSEN: Freia
QIU LIN ZHANG: Erda
CAROLINE STEIN: Woglinde
DANIELA SINDRAM: Wellgunde
NICOLE PICCOLOMINI: Flosshilde

パリの新制作Ringの序夜です。最終日。ヴォータンはダブルキャストの人で、ファルク・シュトルックマンではありません。エジルス・ジリンスは2007年にヴィーンでオランダ人を歌ったのを聴いたことがあります。今回もかなりいい線いっている歌唱でした。彼に限らず、歌手は不満を感じる人はいなくてレヴェルは高いと思いました。これまで何度も聴いているペーター・シドムなど上手いなぁと思います。

演出はアイデア盛りだくさんで、まあ楽しめましたが、何か哲学を提示するというほどのものではないとも感じました。幕が上がるとヴォータン達が地球を俯瞰するような構造物の上にいるのですが、奥の方では大勢の作業員がパイプで作った足場のようなヴァルハラ城の建築に携わっています。
変わっているなと思ったのは、巨人族がヴァルハラ城完成の代償にフライアを連れ去ろうとする場面で、応じようとしないヴォータンに業を煮やしたファゾルトの合図と共に作業に携わっていた巨人族が大勢歓声を挙げ赤旗を振りビラを撒きながら舞台や観客席になだれ込んで来るところです。フランスの労組を揶揄したものでしょうか?
また、ヴォータンがアルベリヒの指から無理矢理黄金の指輪を奪おうとする場面で、指を切断してしまうところ。えらく残酷な神様です。これもあって怨念に満ちた呪いをかけるということなんでしょうね。
最後はヴァルハラ城が前面にせり出してきてヴォータン達が高い階段を上っていって終了します。全般に煙を多用するのは頂けない。刺激が少ないものなんでしょうけれど、客席に漂ってきたら私なんか少し咳が出てしまいました。舞台は見難くなるし、嫌いです。
衣装はちょっと変わっていて、下の写真のように女性の場合はぱっと見た瞬間はどきっとするものです。

ジョルダン指揮の音楽は美しい響きで、あまり強音を強調しない大人しめという印象です。最後の方でドンナーがもやもやした空気を払拭する場面でもあまり金属音を使わないでティンパニーがちょっと強めに鳴るだけでした。このシリーズ、6月のヴァルキューレまで見てその後続けて見るかどうか決めようと思っています。

写真はクリックで拡大します。
黄金を払ってフライアを救ったあとホッとするフリッカとヴォータン。煙のためぼやけていますが。後方に写っているのがヴァルハラ城。SOPHIE KOCH and EGILS SILINS
c0057725_21221872.jpg


カーテンコール。左から、ANN PETERSEN、SOPHIE KOCH、EGILS SILINS、MARCEL REIJANS、SAMUEL YOUN、PETER SIDHOM、WOLFGANG ABLINGER-SPERRHACKE
c0057725_2123015.jpg


SAMUEL YOUN, PETER SIDHOM, KIM BEGLEY, WOLFGANG ABLINGER-SPERRHACKE, GÜNTHER GROISSBÖCK, IAIN PATERSON
c0057725_21234469.jpg

[PR]
by dognorah | 2010-03-29 21:26 | オペラ
<< ムーティ指揮フィルハーモニア管 エトヴェシュのオペラ「アメリカ... >>