The Moscow Soloistsのコンサート

2010年2月23日、バービカンホールにて。

Grieg: Holberg Suite for strings
Haydn: Cello concerto No 1 in C
Bach: Brandenburg Concerto No 3 in G
Paganini: Concertino for violin and orchestra in A minor
Tchaikovsky: Serenade for Strings in C

The Moscow Soloists
Yuri Bashmet conductor and viola
Steven Isserlis cello

素晴らしいアンサンブルです。とにかく上手い!こんな上質の音楽を聴ける喜びに心が満たされました。

ハイドンのチェロ協奏曲を独奏したスティーヴン・イッサーリスはイギリスの有名な演奏家らしいですが私は聴くのは初めてです。日本音楽財団から貸与されているストラディバリウスにガット弦を張って独特の繊細な音色を出す人でファンも多いと聞きました。確かに繊細で、その分ダイナミックスが弱い印象です。でも音楽性豊かな演奏で満員の聴衆を魅了しました。

Steven Isserlis
c0057725_23202454.jpg

指揮のユーリ・バシュメットはヴィオラ奏者として有名な人ですが(以前、シュニトケの協奏曲を聴いたことがあります)、パガニーニのヴァイオリン協奏曲では指揮をしながらヴィオラを弾きました。恐らくヴィオラ用に編曲したのでしょう。2曲のアンコールのうちひとつでも同じスタイルで演奏してくれました。その曲はなにか知りませんがロシアの民族音楽の要素などが入った楽しいもので、最後は楽員の掛け声で締めくくり、お客さんは大喜びでした。

Yuri Bashmet
c0057725_23213262.jpg

[PR]
by dognorah | 2010-02-27 23:24 | コンサート
<< London Philharm... 再び中村恵理さんのリサイタル >>