ウインブルドンでミュージカル

今日は地元のNew Wimbledon Theatreというところにミュージカルのハイライトを見に行った。この劇場(写真)はNewとついていてもビクトリア時代に新しく建て直したという意味である。
c0057725_710154.jpg

ローカルながら結構世界的に知られたアーティストもツアーの一環で来ることもある。

今日は、Broadway!と銘打って有名なミュージカルのポピュラー曲をダンスを交えて歌うというショーである。次の写真は舞台の一部。
c0057725_7103533.jpg

West EndやBroadwayでやっているショーの演出にとらわれずに独自の振り付けと豪華な衣装で楽しませようという趣旨で、結構楽しめた。

例えばCatsの「メモリー」では歌手のそばで二人のダンサーがバレー風の振り付けでかなり高度なテクニックを披露してくれる。女性の方は全身を白地にちょっとサイケな模様のタイツに身を包み、男性は上半身裸で下半身はタイツで共に体の線をくっきり出した姿で踊っていたが、これがなかなかよく、今夜で一番楽しめた。あの鳥肌が立つ猫姿のちんけな踊りよりよっぽどましだ。

たまにはこういうお気軽エンタテインメントもいいだろうと思った。
[PR]
by dognorah | 2005-04-02 07:13 | 観劇
<< 家庭用コジェネレーション Windowsアップデート >>