ヴェルディのオペラ「オテロ」コンサート形式

2009年12月3日、バービカンホールにて。

Verdi: Otello at Barbican Hall on 3 December 2009

Sir Colin Davis: conductor
Simon O'Neill: Otello (Torsten Kerlの代役)
Gerald Finley: Jago
Allan Clayton: Cassio
Lukas Jakobski: A Herald
Anne Schwanewilms: Desdemona
Eufemia Tufano: Emilia
Ben Johnson: Rodorigo
Alexander Tsymbalyuk: Lodovico
Matthew Rose: Montano
London Symphony Chorus
London Symphony Orchestra

歌手、合唱、管弦楽のすべてが極上の出来で、感動的名演だった。
コリン・デイヴィスの指揮は久しぶりだが相変わらずツボを抑えた指揮でオケから豪華な音を引き出し、曲の運びも完全に納得の行くもの。高齢ながらまだまだオペラを指揮出来る体力が見て取れた。合唱のアンサンブルも素晴らしい。

歌手では急な代役にも関わらずいつものように張りがあってよく伸びる美声を響かせてくれたサイモン・オニールにまず拍手喝采。終演後はコリン・デイヴィスが特別の謝意を表していたが当然のこととして我々も拍手。
そしてイヤーゴを歌ったジェラルド・フィンリーの職人技。過去にはこの人の歌唱は少々硬い声質を感じることもあったが、今日はとてもしなやかな歌唱で役の性格表現も素晴らしく大いに感心した。
デスデモーナを歌ったアンネ・シュヴァーネヴィルムスは最上の調子とは言えなかったが十分良い歌唱だった。
他の歌手で目立ったのはカッシオを歌った若いイギリス人テノール、アラン・クレイトンで、柔らかいタッチのいい声が耳に心地よい。

これだけいい演奏だと、特に舞台演技と一緒に見なくてもヴェルディのオテロを十分楽しめる。

Gerald Finley and Simon O'Neill
ジェラルド・フィンリーは珍しく無精髭を生やしている。

c0057725_2245326.jpg

Eufemia Tufano and Anne Schwanewilms
c0057725_22453742.jpg

Ben Johnson and Allan Clayton
c0057725_224691.jpg

[PR]
by dognorah | 2009-12-06 22:48 | オペラ
<< ロンドンで能を見る 再び「チェレヴィチキ」公演 >>