チャイコフスキーのオペラ「Cherevichki」(女帝の靴)リハーサル

2009年11月18日、ROHにて。

指揮者と出演者達
c0057725_3121.jpg

Cherevichki: Comic-fantastic opera in four acts
Composer: Pyotr Il'yich Tchaikovsky
Libretto: Yokov Polonsky amplified by Nikolai Chaev and the composer after Nikolay Gogol’s story “Christmas Eve”

Director: Francesca Zambello
Set Designer: Mikhail Mokrov
Costume Designs: Tatiana Noginova
Lighting Designer: Rick Fisher
Choreography: Alastair Marriott
Conductor: Alexander Polianichko
Royal Opera Chorus
Orchestra of the Royal Opera House

Oxana: Olga Guryakova
Vakula: Vsevolod Grivnov
Solokha: Larissa Diadkova
Chub: Vladimir Matorin
The Devil: Maxim Mikhailov
Schoolmaster: Viacheslav Voynarovskiy
Pan Golova: Alexander Vassiliev
Panas: John Upperton
His Highness: Sergei Leiferkus
Master of Ceremonies: Jeremy White
Wood Goblin: Changhan Lim
Principal Dancers: Mara Galeazzi, Gary Avis
Dancers: Dancers of The Royal Ballet

まず、題名について。ロシア語原題のCherevichkiの意味は「可愛い靴」らしいのですが、ROHは内容から意訳して「女帝のスリッパ」としています。しかしここでいう英語のslippersは日本語のスリッパからイメージするものとは異なり、公式パーティのような改まった席でイヴニングドレスと共に履くおしゃれな靴のことです。舞台でも宝石を散りばめた燦然と輝く靴が使われていました。
発表時のチャイコフスキーはこれは自分の最良のオペラと言っているくらいの自信作らしい。もともと1874年に作曲コンクールに応募するために作ったオペラ「鍛冶職人ワクラ」を11年後に大幅に改訂したものです。因みに、その作曲コンクールではこれが優勝演目となってマリンスキー劇場で初演されました。そのときの審査員をしていたリムスキーコルサコフは使われた原作に興味を示して、自身も後にこれに基づいたオペラを作曲しているそうです。

さて、このオペラは恐らくROHで初めて公演する演目と思いますが、今回のプロダクションはとても良くできていて子供から大人まで万人が楽しめるステージとなっています。舞台装置はメルヘン調で丁寧に作られているし、衣装も然り。指揮者と共にロシア人スタッフです。歌手達も主要役は全てロシア人で固められています。チャイコフスキーのバレー音楽を思わせる管弦楽も美しいし、アリアもたっぷり、それに加えてバレーシーンが結構あり、おまけにコサックダンスのシーンまであってentertainment性は盛大。
歌手の出来など詳しいことは、本番を見たときに書くことにして、ストーリーのあらすじだけ紹介しておきましょう。

Olga Guryakova & Vsevolod Grivnov
c0057725_314369.jpg

Mara Galeazzi and dancers
c0057725_32174.jpg

あらすじ
ウクライナの鍛冶職人ワクラには同じ村に住むオクサナという恋人がいて、結婚したいと思っているが彼女自身もワクラを好きなくせに態度はいまいち煮え切らない。彼の母親ソロカは魅力的な寡婦でしかも魔女なので悪魔、村長、校長、オクサナの父親チュブと4人もの男が彼女の家に次から次に押しかけ、彼女はその度に先に訪問していた男を石炭袋に隠す。最後は息子のワクラがかえってきて、家の中に沢山ある石炭袋を始末するために持ち出す。途中でクリスマスイヴの準備で賑わっている広場にさしかかったとき、オクサナは友人が綺麗な靴を履いているのを見て自分も欲しいとワクラにねだる。挙げ句の果てに宮殿にいる女帝が履いているような豪華なものが欲しいと言い出し、皆の前でもしワクラが女帝の靴を手に入れてくれたら彼と結婚する、と宣言する。そんなことできっこないと意気消沈したワクラは悪魔の入っている袋だけ引きずりながら自殺を考える。川岸に来たときに、水の精から川に引き込まれようとするが、悪魔が袋から出てきて「待て!オクサナと結婚できるように取りはからってやるから、その代わりに魂を俺にくれ」と言って水の精を追い払う。その隙に悪魔の後ろに回り込んだワクラはしっぽを捕まえて悪魔をさんざんいたぶる。悪魔は「言うことは何でも聞くから勘弁してくれ」と言って、ワクラの希望通りサンクトペテルスブルグの宮殿に空を飛んで連れて行く。そこでワクラが粘って無事に女帝の靴を手に入れ、再び悪魔に助けて貰って村に帰る。オクサナにその靴をプレゼントして二人はめでたく結婚する。
[PR]
by dognorah | 2009-11-20 03:04 | オペラ
<< シュニトケのオペラ「The H... 久し振りに深町純さんのピアノを聴く >>