ルネ・フレミング+シャルル・デュトワ

2009年11月3日、RFHにて。

プログラム
Sergey Prokofiev: Romeo and Juliet - Montagues and Capulets
Sergey Prokofiev: Romeo and Juliet - The Young Juliet
Sergey Prokofiev: Romeo and Juliet - Madrigal
Sergey Prokofiev: Romeo and Juliet - Minuet (The Arrival of the Guests)
Sergey Prokofiev: Romeo and Juliet - Masks (Romeo and Mercutio masked)
Sergey Prokofiev: Romeo and Juliet - The Balcony scene
Sergey Prokofiev: Romeo and Juliet - The Death of Tybalt
Sergey Prokofiev: Romeo and Juliet - Romeo at Juliet's Tomb
Interval
Peter Ilyich Tchaikovsky: Tatiana's Letter Scene (Eugene Onegin)
Peter Ilyich Tchaikovsky: Fantasy Overture, Romeo & Juliet (vers. standard, 1880)
Ruggiero Leoncavallo: Musetta svaria sulla bocca viva (La Boheme)
Ruggiero Leoncavallo: Mimi Pinson la biondinetta (La Boheme)
Umberto Giordano: Nel suo amore (Siberia)
Giacomo Puccini: Sola, perduta, abbandonata (Manon's aria) (Manon Lescaut)

Royal Philharmonic Orchestra
Renée Fleming: soprano
Charles Dutoit: conductor

フレミングがデュトワの棒で歌うという珍しい組み合わせのコンサートです。あるいはアメリカあたりでは既に共演したことがあるのかも。10月31日にアムステルダムで同じ伴奏で同内容の歌を演奏した後ロンドンにやってきたようです。ただし管弦楽曲は一部違っていますが。恐らく欧州各地で公演してきたのでしょう。今夜のガウンは凝ったデザインでちょっとややこしいものです。ベージュ系のおとなしい色ですがもう少し派手でもいいのに。多くの微小ダイヤによる細かい細工のネックレスが素敵でした。つい数ヶ月前の「椿姫」以来の彼女ですがそのときよりちょっと太めになったかなと思いました。

前半はプロコフィエフの「ロメオとジュリエット」組曲抜粋。1年前にゲルギエフ指揮で全曲を聴いており、/それは名演でしたが、デュトワが振るとまるで違う雰囲気です。しかしこういうスタイルもありで、充分音楽を楽しめました。とにかく上手いです。
後半になってようやくお目当てのフレミングが登場。いきなりエフゲニー・オネーギンの手紙のシーンという大曲です。出だしはちょっと声のコントロールがうまくいかない部分がありましたが歌うにつれてどんどんよくなり、結果としてはすばらしいシーンでした。彼女は2007年にゲルギエフ指揮でMETでこれを演じているんですね。

次のチャイコフスキーの「幻想序曲」は前半とこの直前のプログラムからの連想で持ってきたものでしょうけれど、曲が悪いのか演奏が悪いのか退屈で、早く終わってくれないかなぁ状態。こんな演奏で20分以上も時間が費やさせるのは納得がいかない。

この後の3曲はレオンカヴァルロの「ラ・ボエーム」にしろジョルダーノの「シベリア」にしろ存在さえ知らなかったオペラからのアリア。レオンカヴァルロのものは両曲とも諧謔性がありとても楽しめる音楽です。美しい声が際立ちます。ジョルダーノは愛を歌ったものなのでしょう、しっとりした静かな音楽です。これも素敵な歌唱でした。「マノン・レスコー」からの音楽はプッチーニらしい劇的な音楽です。こういう美声で全編聴いてみたいと思わせるもので、表現力も凄い。
アンコールは「ジャンニ・スキッキ」から例のアリア「私のパパ」。先日ROHの舞台で見たばっかりですが、あのときと違って豊かな感情表現が感じられてさすがに風格があります。こんな風に娘に歌われたら父親もたじたじでしょう。翌日の朝起きてもこのメロディが頭の中をぐるぐる回っていました。

出来れば前半も歌って欲しいコンサートでした。しかしこのホールは彼女の声にはやや大きすぎる気がします。せいぜいバービカンホールくらいがいいでしょう。オケはちょっと鳴らし過ぎなところもありました。控え目に願いたいものです。

Renée FlemingとCharles Dutoit。左端は今夜のコンサートマスター。
c0057725_9583086.jpg

Renée Fleming
c0057725_100585.jpg

[PR]
by dognorah | 2009-11-05 10:00 | コンサート
<< ドニゼッティのオペラ「マリア・... フィリップ・ジョーダン指揮フィ... >>