フィリップ・ジョーダン指揮フィルハーモニア管

2009年10月29日、RFHにて。

Philippe Jordan: conductor
Piotr Anderszewski: piano
Philharmonia Orchestra

R. Strauss: Don Juan, tone poem, Op.20
Mozart: Piano Concerto No.18 in B flat, K456
Beethoven: Symphony No.7 in A, Op.92

今日の白眉はピョートル・アンデルシェフスキーが弾いたモ-ツァルトのピアノ協奏曲でしょう。実に味わい深い演奏で、特に第1楽章は大いに感嘆しました。音の美しさもさることながら各フレーズで訴えかけてくるものが感じられるのです。オケの伴奏もつかず離れずのぴったりしたもので言うことなしです。

Philippe Jordan and Piotr Anderszewski
c0057725_1294314.jpg


ベートーベンの7番という曲は9曲の中では演目として取り上げられることが多いような気がしますがなぜなんでしょうね。あまり好きな曲でもないので冷静に聴いていましたが、演奏は立派なもので、オケの音も深味のあるすばらしいものでした。最終楽章のテンポをメチャメチャに速くすることもなく盛り上げていたのは好感が持てます。第1楽章と第2楽章を切れ目無く演奏したのはちょっと奇異に感じましたが。

シュトラウスの「ドン・ファン」は普通の出来か。気張っている割には音の豊かさがあまり感じられませんでした。まあ、この作曲家の交響詩というのは私にはどれもあまりピンと来ない作品ですが。
[PR]
by dognorah | 2009-10-31 23:58 | コンサート
<< ルネ・フレミング+シャルル・デュトワ ガーシュインのオペラ「ポーギー... >>