リーズ国際ピアノコンクール入賞者のリサイタル

2009年10月21日、スタインウェーホールにて。

ピアノ:Jianing Kong

プログラム
スカルラッティ:Sonata in G, K454
スカルラッティ:Sonata in G, K125
モーツァルト:Fantasia in C minor, K396
武満:Les Yeux Clos
ショパン:12 Etudes, Op.25

至近距離で聴く美しくて豪華な音にウットリしましたが、部屋が小さすぎてフォルテでは飽和してしまいます。さすがに腕の立つピアニストで、どれも大変楽しめました。特に武満はすばらしい音楽でそれを漏れなく伝えてくれる演奏と思いました。
彼は中国生まれで、現在RCMに在学中です。演奏後のレセプションで少し話しましたが、オペラが好きで最近見た「カルメン」と「トリスタンとイゾルデ」に感激したとのことで私と話が盛り上がりました。
[PR]
by dognorah | 2009-10-26 01:44 | コンサート
<< ブリテンのオペラ「ネジの回転」 ラヴェルの「スペインの時」とプ... >>