ニーナ・シュテンメのイゾルデに感動!

2009年10月15日、ROHにて。
Nina Stemme and Ben Heppner
c0057725_756562.jpg


Richard Wagner: Tristan und Isolde

Director: Christof Loy
Conductor: Antonio Pappano

Tristan: Lars Cleveman (Ben Heppnerは口パク)
Isolde: Nina Stemme
Kurwenal: Michael Volle
Brangäne: Sophie Koch
King Marke: Matti Salminen
Melot: Richard Berkeley Steele
Sailor: Ji-Min Park
Steersman: Dawid Kimberg
Shepherd: Ryland Davies

近年聴いたイゾルデでは最高の歌唱でした。ビロードのような美しい声、求められている全ての音程でびくともしない確かさ、オーケストラに負けない声量、情感溢れる歌唱で圧倒されました。最後の愛の死では感動のあまり涙ぽろぽろでした。このオペラで泣いたのは久し振りです。ニーナ・シュテンメの歌唱を聴くのは、「仮面舞踏会」のアメリア、 「さまよえるオランダ人」のゼンタ、「運命の力」のレオノーラ に次いで4回目ですが、仮面舞踏会こそプレミエ時のカリタ・マッティラに及ばないと感じたものの、後は全て大きな満足感を与えてくれる歌唱でした。今年46歳、イゾルデを歌うには脂の乗り切った状態でしょうか。今後彼女がこの役をやるときは要チェックです。
c0057725_85037.jpg

トリスタン役は9月29日の初演時からメロメロの歌唱でさんざんの評判だったベン・ヘプナーが遂に歌うのをあきらめたため、スェーデン人テノールのLars Clevemanが急遽呼ばれて舞台袖で譜面台を前に歌いました。ヘプナーは口パクで演技。このテノールは北欧などではトリスタンを始めあらゆる有名な主役を歌っている売れっ子らしい。近々バイロイトでタンホイザーを歌うとのこと。1958年生まれ。特に抜きん出ている声という印象ではありませんが歌唱は手堅く、代役としては十分の出来でした。声量的には大きいというわけではありませんが、時にはオケと張り合う声も出していました。
Lars Cleveman as Tristan's voice
c0057725_82375.jpg


ブランゲーネ役のソフィー・コッシュもすばらしい歌唱でした。この人もいつ聴いても安定しているという印象です。過去には「ファウスト」のシエベル、「偽女庭師」のラミロ、「フィガロの結婚」のケルビーノと3回聴いていますが最初に魅力をアピールしてくれたのは「偽女庭師」でした。イゾルデ共々デブじゃないコンビは視覚的にもいいですね。
Sophie Koch as Brangäne
c0057725_8125116.jpg


クルヴェナールを歌ったミヒャエル・フォレもいつも通りの安心して聴ける歌唱で、同役としては過去最高の配役と思いました。声はカチッと締まっていて気持ちがいい。
Michael Volle as Kurwenal
c0057725_89635.jpg


マルケ王のマッティ・サルミネンはいつものように低音がよく出ていましたが、声全体の輪郭がややぼけているときもあって今年2月にミラノで聴いたときに比べるとやや不調でした。カーテンコールではブーも聞こえました。杖をついて歩きにくそうな体調が影響しているのかも知れません。
Matti Salminen as King Marke
c0057725_8101263.jpg

その他の歌手は全て特に問題なしです。

パッパーノ指揮のオケですが、大変すばらしい。前奏曲が始まった途端にこのオペラの世界に引き込まれる弦の音で、溜息が出そう。第2幕以降でやや音が荒れた場面もありましたが全体としては歌手との融合も申し分なく、感動的舞台の原動力となっています。
Antonio Pappano and Nina Stemme
c0057725_8114588.jpg


演出は最近の「ルル」と同じクリストフ・ロイで、また期待できないだろうなと覚悟していたら案の定初日はブーの嵐だったようです。しかし友人や他のブログでちょっと好意的なコメントもあり、これは見てみないと分からんぞ、という気持ちで臨みました。結果としてはそれほど悪くはないと思いました。舞台はモノトーンながら、奥の部分はカーテンで仕切られ、常にディナーテーブルが3つ置かれています。手前の劇の進行に合わせてその奥の間が垣間見えるのですが、心象イメージであったり、別の空間を表現したりしているようです。手前の舞台は椅子が1-2客置かれていたり、時にはテーブルもあったりしますが家具はそれだけ。人物は白または黒の現代服を着ています。歌手達の動きはほぼコンサート形式で代用できる代物で、演出全体としてはかなり観念的なものです。しかし、第3幕のトリスタンの延々と歌う場面ではいつもやや退屈するのですが、今日はトリスタンによって作られる凝縮された演劇空間に惹かれてあっという間に時間が経過した印象です。これは感心しました。もし初日に見に行っていたとしても私はブーを唱えなかったでしょう。
舞台全体。合唱隊の立っているところがカーテンで仕切られて普段は奥の部屋が見えない。
c0057725_822525.jpg


----------------------------------------------------
余談ですが、昨年バイロイトに行ったときに空港で知り合った85歳(当時)の婦人と今日はROH内のロビーでばったり会いました。今年はこういう偶然が2回も起こって不思議な気がします。
[PR]
by dognorah | 2009-10-17 08:26 | オペラ
<< Jette Parker Yo... カルメン公演 >>