ベルクのオペラ「ヴォツェック」公演

2009年9月20日、パリオペラ(バスティーユ)にて。

舞台
c0057725_0453240.jpg

Wozzeck: OPÉRA EN TROIS ACTES (1925)
MUSIQUE D’ALBAN BERG (1885-1935)
LIVRET DU COMPOSITEUR D’APRÈS LE DRAME WOYZECK DE GEORG BÜCHNER

Hartmut Haenchen: Direction musicale
Christoph Marthaler: Mise en scène
Orchestre et choeur de l’Opéra national de Paris
Maîtrise des hauts-de-seine ⁄ Chœur d’enfants de l’Opéra national de Paris

CAST
Vincent Le Texier: Wozzeck
Stefan Margita: Drum Major
Xavier Moreno: Andres
Andreas Conrad: Hauptmann
Kurt Rydl: Doktor
Scott Wilde: Erster Handwerksbursch
Igor Gnidii: Zweiter Handwerksbursch
François Piolino: Der Narr
Waltraud Meier: Marie
Ursula Hesse Von Den Steinen: Margret

パリオペラより日曜のマチネーを4種類組み合わせたセットを先行発売するとの情報を貰ってその営業政策に乗ったのでした。フランス周辺の外国人向けに考案したもので、新総裁Nicolas Joelのアイディアでしょうか。ロンドンからは簡単に日帰りで来れるので便利ではあります。セットはこの「ヴォツェック」の他に、2月の「イドメネオ」、3月の「ラインの黄金」、6月の「ヴァルキューレ」が含まれています。2月のイドメネオにネトレプコとカサロヴァが共演するので切符の取りにくさを考えてセット購入したのですが、購入後に何とネトレプコが早々とキャンセル!まるで詐欺に遭ったようなものです。なぜネトレプコがキャンセルしたのかは不明です。役柄が合わないなどの問題があったのか、あるいは第2子を妊娠中なのか・・・

それはともかく、今回のヴォツェックは十分に楽しめました。実演を見るのは3年半前のROH以来ですが、パフォーマンスとしてはそのときの方が感銘が深かったと思います。でも、今回も音楽的には大変すばらしいもので歌手も指揮も大いに満足しました。タイトルロールと同様キャプテン、ドクター、マリー、鼓手長もすばらしかったと思います。マリーを歌ったマイヤーは好調で抜けのよい高音がとても気持ちよく響いていました。

演出ですが、一風変わったものながら分かりやすいものです。舞台は保育園のキャンティーンみたいな場所設定で、部屋の周りは透けて見えていて子供達が遊べる遊具が一杯置いてあります。全てのシーンはここで行われますが、そのシーンに登場しない人物達も舞台上に留まっていたりします。また、次またはその次のシーンに登場する人物達も早々と座っていたりもします。ドラマ進行中も子供達と母親がしょっちゅう出入りして日常生活が描写されています。ヴォツェックはここで部屋や各テーブルをきちんと整理する役を担っているようで、甲斐甲斐しく働いています。各机の下には子供用の靴が置いてあるのですが、彼はしょっちゅうその靴をきちんと揃えています。まるで精神的安定を得ようとするみたいに。鼓手長は何度目かのマリーとの逢い引きの後その靴達を蹴散らしてヴォツェックを馬鹿にしますが、ヴォツェックもまたマリーとの口論の後靴を蹴飛ばすことでもう正常心ではいられなくなった様子を表現し、その後殺人へと進むのです。非常にありふれた日常生活の過程でドラマが起こるように設定されていますが、私はROHで見たキース・ウォーナーの演出の方がイマジネーションが豊富で好きです。

しかしこのオペラは短い。1時間35分で終了。バルトークの「青髭公の城」と組み合わせて上演してくれればいいのにと思いました。

指揮の Hartmut Haenchen とヴォツェックを歌った Vincent Le Texier
c0057725_0463414.jpg

マリーを歌った Waltraud Meier 。前から下半身デブと思っていましたが今回の衣装でははっきり分かりますね。
c0057725_047765.jpg

ドクター役の Kurt Rydl と鼓手長の Stefan Margita
c0057725_0474628.jpg

アンドレス役の Xavier Moreno とキャプテン役の Andreas Conrad
c0057725_0481290.jpg

[PR]
by dognorah | 2009-09-22 00:55 | オペラ
<< ほんの数時間のパリ ヴェルディのオペラ「ドン・カル... >>