トスカのドレスリハーサル

2009年7月7日、ROHにて。

Tosca: Melodramma in three acts
Music: Giacomo Puccini
Libretto: Giuseppe Giacosa and Luigi Illica after the play “La Tosca” by Victorien Sardou

Director: Jonathan Kent
Conductor: Jacques Lacombe

Tosca: Nelly Miricioiu
Cavaradossi: Marcello Giordani
Scarpia: Bryn Terfel
Spoletta: Martyn Hill
Angelotti: Kostas Smoriginas
Sacristan: Jeremy White
Sciarrone: Matthew Hargreaves
Gaoler: John Morrissey

今年のトスカ公演は予定されていたデボラ・ヴォイトがキャンセルとなったため、アンジェラ・ゲオルギューとネリー・ミリチョーのダブルキャストで公演されることになった。本日のリハーサルはネリー・ミリチョーの担当である。彼女がROHに出演するのはかなり久し振りらしく、守屋さんに教えていただいた彼女のインタヴュー記事でも本人は降って湧いた幸運に殊のほか喜んでいる様が読み取れる。今年57歳の彼女はMagda OliveroというソプラノがMETでトスカデビューを果たしたのは57歳のときであることを引き合いに出して抱負を語っている。
彼女の声は大変すばらしく、充分楽しめる出来であったが「歌に生き、愛に生き」ではもう少し声の抑揚とスケール感が欲しかった。それにしても太い体で、ヴォイトも負けそうなくらい。リハーサル時間が余り取れなかったのか、昨年見た公演時と違って第2幕のスカルピアへの殺意を抱くにいたる演技がややなおざりだった。
カヴァラドッシを歌ったマルチェロ・ジョルダーニは大変すばらしい声で、1幕と3幕のアリアも大いに楽しめた。この人は過去に一度だけ聴いたことがあり、そのときはやや暗めの声と思ったが本日は特にそういう印象ではなかった。
スカルピアを歌ったブリン・ターフェルは好調でよく通る声ですばらしい歌唱だった。

下の写真は左から指揮者のJacques Lacombe、Nelly Miricioiu、Bryn Terfel
c0057725_1264325.jpg

次はMarcello Giordani
c0057725_1243649.jpg

[PR]
by dognorah | 2009-07-10 01:27 | オペラ
<< ロッシーニのオペラ「セビリアの... ヴェルディのオペラ「アイーダ」公演 >>