ルネ・フレミング主演「La Traviata」公演

2009年6月25日、ROHにて。

フレミングの歌唱は各フレーズに込める細やかな表現がすばらしい。時折高音が苦しそうではあるが細めの声が美しく、第3幕など絶妙の感情表現でした。ただ、第1幕最後のアリアではやや技巧が目立ち、深味のある声でストレートに感情表現した昨年1月のネトレプコの歌唱の時ほど感動はしませんでした。しかし50代にして若きヴィオレッタを演じれる若々しい体、舞台そばの席で見る彼女のドレス姿は前から見ても横から見てもウエストの細さには感嘆しました。

アルフレードを演じたジョセフ・カレイヤは骨太の美声がよく出ていました。天真爛漫なお坊ちゃんという感じで、ネトレプコの時のヨナス・カウフマンとは対照的な歌唱でしたが充分楽しめる声と演技でした。初日からずっと聴いている人の評では今までの声の固さが取れて今夜が最良だったそうで、ラッキーでした。

ジェルモンを演じたトーマス・ハンプソンはいつもの声でまあまあの演技でしたが、この役はゼリコ・ルチッチの極上の歌唱と演技が私の頭に刷り込まれていて、ハンプソンはちょっと違うんじゃないの?と思い続けながら聴いていました。
指揮はパッパーノでしたが、今日もすばらしい音楽作りでテンポやタイミングもぴったし、大変楽しめる演奏だったと思います。

La Traviata
Opera in three acts
Music: Giuseppe Verdi
Libretto: Francesco Maria Piave after Alexandre Dumas fils’s play La Dame aux camélius

Conductor: Antonio Pappano
Director: Richard Eyre

Violetta: Renée Fleming
Alfredo Germont: Joseph Calleja
Giorgio Germont: Thomas Hampson
Baron Douphol: Eddie Wade
Doctor Grenvil: Richard Wiegold
Flora: Monika-Evelin Liiv
Marquis D'Obigny: Kostas Smoriginas
Gastone: Haoyin Xue
Annina: Sarah Pring
Servant: Jonathan Coad
Giuseppe: Neil Gillespie
Messenger: Charbel Mattar

Renée Fleming(第1幕終了後のカーテンコール)
c0057725_2315153.jpg

Joseph Calleja(終演後のカーテンコール)
c0057725_22591747.jpg

Thomas Hampson(終演後のカーテンコール)
c0057725_22595712.jpg

Renée Fleming and Antonio Pappano(終演後のカーテンコール)
c0057725_2303351.jpg

[PR]
by dognorah | 2009-06-26 23:02 | オペラ
<< ヴェルディのオペラ「仮面舞踏会」公演 クルト・ヴァイルの「三文オペラ... >>