クルト・ヴァイルの「三文オペラ」コンサート形式

2009年6月13日、バービカンホールにて。

Die Dreigroschenoper
Music: Kurt Weill
Libretto: Bertolt Brecht adapted from John Gay’s “The Beggar’s Opera”
Klangforum Wien
Chorus Sine Nomine
H K Gruber: conductor

Dorothea Röschmann: Polly
Angelika Kirchschlager: Jenny
Ian Bostridge: MacHeath
Hannah Schwarz: Ceclia Peachum
Cora Burggraaf: Lucy Brown
Christoph Bantzer: Narrator
H K Gruber: Jonathan Jeremiah Peachum
Florian Boesch: Tiger Brown

有名ながら初めて聴く作品ですが、軽い音楽としては楽しめます。出演者が豪華なので満席だったようです。オケは弦楽器がチェロとバスとギターだけという変わった構成で、ジャズ的要素もたっぷり。ただ、今回の公演はナレーターを入れて全体の筋を端折っているらしく、正味上演時間は1時間半ぐらい。有名アリアは全て入っているのでしょうけれど、どうせならちゃんとやって欲しいものです。
歌手は有名な人は全てすばらしい。こういう顔ぶれにしないと切符が売れないと思ったのでしょう。Cora Burggraaf は久し振りで、2005年にティペットのオペラ「真夏の結婚」で聴いたのと2006年にリサイタルを聴いて以来ですが、相変わらずすばらしい声でした。
アリアで印象的なのは、マックヒースとジェニーの二重唱、ポリーとルーシーのさや当て二重唱など。これらはアンコールでも歌われました。
なお、乞食王ピーチャムは指揮者によって歌われましたが、彼だけはマイクを装着していました。子供の頃はヴィーン少年合唱団の一員だったそうです。

終演後4人の女声歌手が揃ったところ。左から、Hannah Schwarz、Cora Burggraaf、Dorothea Röschmann、Angelika Kirchschlager
c0057725_2234132.jpg

左からH K Gruber、Florian Boesch、Ian Bostridge、Cora Burggraaf
c0057725_22343150.jpg

Dorothea Röschmann and Angelika Kirchschlager
c0057725_2235375.jpg

Cora Burggraaf and Dorothea Röschmann
c0057725_22352812.jpg

[PR]
by dognorah | 2009-06-17 22:38 | オペラ
<< ルネ・フレミング主演「La T... 平井丈一郎チェロリサイタル >>