ヘンデルのオペラ「アシスとガラテア」初日

2009年3月31日、ROHにて。
「ダイドーとイニーアス」との2本建てです。こちらはやや長く、上演時間は約90分です。

Asis and Galatea: Pastoral opera in two acts
Music: George Frideric Handel
Libretto: John Gay, Alexander Pope and John Hughes

Conductor: Christopher Hogwood
Director and Choreographer: Wayne McGregor
The Royal Opera Extra Chorus
Orchestra of the Age of Enlightenment

CAST
Galatea (sung by): Danielle de Niese
Galatea (danced by): Lauren Cuthbertson
Acis (sung by): Charles Workman
Acis (danced by): Edward Watson
Damon (sung by): Paul Agnew
Damon (danced by): Steven McRae
Damon (danced by): Melissa Hamilton
Coridon (sung by): Ji-Min Park
Coridon (danced by): Paul Kay
Polyphemus (sung by): Matthew Rose
Polyphemus (danced by): Eric Underwood
Dancers of The Royal Ballet

こちらの台本も神話から取ったと思われる内容です。ニンフ、羊飼い、巨人が出てくるのですが、半分神であるニンフ、ガラテアを巡ってアシスという羊飼いと巨人の三角関係の末、巨人がアシスを殺すというもの。ガラテアは神としての力を使用して死んだアシスを噴水の神に蘇生させておしまい。


ウェイン・マグレガーはバレーに関してはこちらに重点を置いたようで、プリンシパル・ダンサーも配してなかなか見応えのある踊りを見せてくれました。オペラで歌手達が演じることを同時並行でバレーでも表現するという見る方にとっては大変忙しい舞台ではありますが、振り付けも優雅さと複雑さがあって満足の出来るものでした。オペラの演出も舞台装置も特に違和感なく内容に入っていけます。この作品はオペラというよりオラトリオと分類されるのが普通のようですが、確かにヘンデルのオペラとしてはちょっと弱いという印象です。内容からしてバレーと組み合わせるには適した演目かもしれません。

今日の歌手は際立って優秀というわけではなかったです。ダニエル・ドゥ・ニースもこれがROHデビューですが意外に小柄な人なんですね。今日の履き物がペタンコのものだったのでよく分かったのです。昨年夏にバービカンRAH で見たときは長身の人という印象を受けたのですがきっと高いハイヒールだったのですね。今日はそれほど声が出ている印象ではなかったし全般に印象が薄い舞台でしたが、最後のアリア (Heart, the seat of soft delight) だけはいい声がよく出ていてすばらしい出来でした。音楽的にもこの部分が一番よく書けていると思いました。
アシス役のチャールズ・ワークマンはまあまあの声です。巨人のマシュー・ローズはセーラ・コノリー同様の状態であることがアナウンスされていましたが、確かにいつもの調子ではなかったです。合唱はROHの2軍なんでしょうがなかなか上手いものです。
オケの演奏そのものは高い水準でした。
目から飛び込んでくる情報も凄く多いので、ちょっと一回きりでは消化できそうもありません。パーセルとヘンデルの記念年だから企画されたものなので当分見れないかと思うと少し残念です。

最初の写真はダニエル・ドゥ・ニース。
Danielle de Niese
c0057725_7584621.jpg

次は左からクリストファー・ホグウッド、チャールズ・ワークマン、ダンサーのポール・ケイ、演出と振り付けのウェイン・マグレガー。
Christopher Hogwood, Charles Workman, Paul Kay and Wayne McGregor
c0057725_81774.jpg

その次はバレー主役達のローレン・カスバートソンとエドワード・ワトソン。
Lauren Cuthbertson and Edward Watson
c0057725_82476.jpg

その次は巨人を演じたマシュー・ローズとエリック・アンダーウッド。
Matthew Rose and Eric Underwood
c0057725_824972.jpg

最後はデイモンを演じたメリッサ・ハミルトンとスティーヴン・マクレー。
Melissa Hamilton and Steven McRae
c0057725_831984.jpg

[PR]
by dognorah | 2009-04-02 08:04 | オペラ
<< またまた「カプレーティ家とモン... パーセルのオペラ「ダイドーとイ... >>