「カプレーティ家とモンテッキ家」後半の公演初日

2009年3月30日、ROHにて。
c0057725_21253487.jpg

前半最後の公演は3月7日だったので3週間以上の間を置いて後半の公演が始まりました。主役の二人が元気であることを誰もが願っていたわけですが、開始直前にアナウンスがあり、ガランチャがなんとか(病気の名前を聞き取れず、多分風邪)から回復途上にあり、万全の調子じゃないことを考慮下さいと。
しかしオペラが始まってみれば、どこか悪いなんて全く分からない調子の良さで一安心でした。ネトレプコはヴィーンと同様の好調を維持していて、要するに二人とも何ら問題のない状態で、再びすばらしい歌唱を堪能できました。他の歌手も前半の一番いいときの調子でした。
リハーサルを入れてこれで今回5回目の観劇ですが何度聞いても飽きないすばらしい音楽です。オケは序曲の演奏がまた不満な音でしたが、その後だんだんよくなり前半とほぼ同様の調子になりました。木曜にまた見に行きます(^^;
[PR]
by dognorah | 2009-04-01 21:28 | オペラ
<< パーセルのオペラ「ダイドーとイ... 中村恵理ソプラノリサイタル >>