ロンドンで落語を楽しむ

昨夜はロンドンのレストランの定休日を利用した特別催し物があった。

現在文化庁から派遣されている笑福亭鶴笑師匠の落語とその弟子の笑子さんによる腹話術のショーである。久しぶりに涙の出るほど笑わせていただきました。

終了後は一杯飲みながらお二人を囲んで歓談の場があり、多くの方と知り合いになったこともうれしいことでした。

お二人は普段は英語で現地の学校などでそれらのショーをやり、興味を持った生徒に教えているということですが、当然ながら言葉も含めていろいろ苦労があるようです。でも、興行主が注目し出して、しばらくロンドンで活動してみようかという気になられたのは喜ばしい限りです。今後の成功を影ながら応援したいと思いました。

来英1年だということですが、ロンドンで日本語で落語をやるのは今回が初めてとのこと。次回は英語で披露しましょうということでそれもまた楽しみです。

開店1周年を記念してこういう有意義な場を提供いただいた日本料理屋Soho Japanと、積極的にそれを実現してくださった笑福亭鶴笑師匠に喝采です。
[PR]
by dognorah | 2005-03-15 10:19 | 観劇
<< フランスドライブ旅行(その13... フランスドライブ旅行(その10... >>