蜷川歌舞伎ロンドン公演

2009年3月25日、バービカンシアターにて。

シェイクスピアの戯曲Twelfth Nightをアレンジして歌舞伎役者が演じた公演。
演出:蜷川幸雄
脚本:今井豊茂 (小田島雄志の翻訳に基づく)

出演
尾上菊五郎
尾上菊之助
中村時蔵
中村翫雀
中村錦之介
市川亀治郎
板東亀三郎
尾上松也 
河原崎権十郎
板東秀調
市川団蔵
市川段四郎
市川左團次

舞台は大きな鏡とアールデコ調のセットと日本風が入り交じった感じのもので、伝統的歌舞伎のイメージではない。舞台転換はスマートでスムーズであった。台詞は歌舞伎調に現代言葉を時々挟む物。シェークスピアの原作は読んだことがないが、演劇としては全体に冗長感が否めず、ストーリーの先も読めてしまうのでやや退屈で、蜷川の手腕はあまり感じられない。脚本はもっと練るべきだろう。
各役者はさすがに上手くて台詞は時々とちることがあったもののすばらしい発声を楽しめた。菊五郎が二役を、また菊之助が三役を早変わりしたが見事な早さであった。声音の使い分けもさすが。亀治郎と時蔵の女形はこれもさすがのうまさ。特に亀治郎。
久し振りに一流の歌舞伎役者を見ることが出来たのは幸せだが、蜷川でなしにやはり本格的な歌舞伎を持ってきて欲しかった。

写真はカーテンコールのもの。左から尾上菊之助、蜷川幸雄、尾上菊五郎。
c0057725_8592430.jpg


(文中、亀治郎の漢字を間違えていましたので修正しました。)
[PR]
by dognorah | 2009-03-27 09:02 | 観劇
<< マルティヌーのオペラ「ジュリエ... アルフォンス・ミュシャ展 >>