小澤征爾指揮の「エフゲニー・オネーギン」

2009年3月16日、ヴィーン国立歌劇場にて。
Maestro Seiji Ozawa
c0057725_932010.jpg

Eugen Onegin
Lyrische Szenen in drei Akten
Text von Peter Iljitsch Tschaikowski und Konstantin Schilowski nach dem Verstroman von Alexander Puschkin
Musik von Peter Iljitsch Tschaikowski

舞台は簡素で象徴的、衣装もやや現代的ですが、特に読替もなくわかりやすい演出でした。しかし第3幕の図書室がなぜ屋外の大階段のままなのかよく分かりません。各場面で下りる幕はいつものえんじ色のものではなく白布にして時には筆記体でOneginと投射してみたり、手紙の内容を投射したりしていますが特に意味深長というわけではありません。また合唱団や俳優を多く使って賑やかでアクロバット好きではありますが人物の動きや配置は分かりやすいものです。

歌手ではキーンリーサイドとイヴェリが好調で、ラモン・バルガスは絶不調でした。
キーンリーサイドはバリトンながらテノールを思わせる伸びやかで艶のある美声がよく出てアリアでもカーテンコールでも今夜の一番人気でした。
タマル・イヴェリは最初はごく普通の声でしたがだんだん調子が上がっていって、第3幕では絶品ともいうべき歌唱で大感動。声のコントロールが凄くて消え入るようなピアニッシモでも掠れることなく美声が続きました。この場面はキーンリーサイドの必死で哀願する様が伝わる歌唱と小澤指揮のオケの流麗さも相俟って類い希な叙情性が感じられました。
バルガスは美声の持ち主で以前何回か聴いたときはいつもよかった印象を持っているのですが、今回は遂にその美声が聴けず、残念です。喉の調子が悪かったのでしょう。
(修正とお詫び:最初に書いた文章では彼がMETのガラに出演したためにNYからとんぼ返りの強行スケジュール云々と書いてしまいましたが、NY在住の友人から彼は出演していなかったとの情報を得て、その件を削除しました。125周年とオープニングガラを取り違えて出演者を見ていたというミスでした。)
その他の歌手ではオルガを歌ったナディア・クラステワは歌でも演技でもお転婆娘を好演していました。プリンス・グレミンを歌ったアイン・アンガーもまずまず。タチアナの誕生パーティで歌うフランス人、Triquet役もなかなか上手い。

指揮の小澤は暗譜で、指揮棒なしでした。旋律をよく歌わせた流麗な演奏で大変自然です。オケはヴィーン・フィルが海外遠征中なので主力がいなかったのですが、充分美しいアンサンブルでした。しかし弦のしなやかさなどはやはりいつもほどではなかった気がします。

今日の観客は日本人だらけと言っていいくらい大勢の日本人がいました。こんなに多いのは初めて見ました。小澤さんが指揮するというだけでこんなに集まるとは凄いですね。
トップの写真は滅多に観客に顔を向けない小澤さんが正面を向いたところ。
下の写真は第2幕終了後帰宅してしまったバルガスとクラステワです。
Ramón Vargas as Lenski and Nadia Krasteva as Olga
c0057725_9442880.jpg

次は第2幕終了後のキーンリーサイドとイヴェリです。
Simon Keenlyside as Onegin and Tamar Iveri as Tatjana
c0057725_9432254.jpg

その次は終演後のカーテンコールで小澤さんを挟んで。イヴェリが持っている花束は小澤さん宛に投げられたものですが、さっさと彼女に渡してしまったもの。
Tamar Iveri, Seiji Ozawa and Simon Keenlyside
c0057725_9454690.jpg


Dirigent: Seiji Ozawa
Inszenierung: Falk Richter

Tatjana, Tochter von Larina: Tamar Iveri
Olga, Tochter von Larina: Nadia Krasteva
Eugen Onegin: Simon Keenlyside
Lensky, Dichter: Ramón Vargas
Fürst Gremin: Ain Anger
Larina: Aura Twarowska
Filipjewna: Margareta Hintermeier
Ein Hauptmann: Hans Peter Kammerer
Saretzki: Marcus Pelz
Triquet: Alexander Kaimbacher
Ein Vorsänger: Wolfram Igor Derntl
[PR]
by dognorah | 2009-03-19 09:47 | オペラ
<< ランメルモールのルチア ハイティンク指揮コンセルトヘボ... >>