中村恵理さん、コヴェントガーデンで主役デビュー大成功

2009年3月7日、ROHにて。

Elina Garanča, Mark Elder and Eri Nakamura
c0057725_20283410.jpg

今日は「カプレティ家とモンテッキ家」の第3回公演で行く予定じゃなかったのですが、急遽行く気になる「事件」が起きてしまいました。一昨日の公演から中一日だったのがきつかったのかネトレプコがスタミナ切れで降板してしまいました。産後でまだ万全の体調じゃないということです。そして代役は何と中村恵理。恐らくこのプロダクションのアンダーをやっていたのでしょう。普通はネトレプコが降板の場合は見合った代役を捜すのですが急なこと故、アンダーがそのまま歌うことになったのでしょう。しかし音楽監督側からすれば自信の代役選定じゃなかったでしょうか。そのように想像できるくらい中村さんの歌唱と演技は堂に入ったものでした。第1幕第2場で望まない結婚をさせられることを悲しむくだり、アリアの開始を固唾をのんで待ちました。ややスローテンポながらあがっている様子もなく表現力豊かでクリアなイタリア語が美しく響きます。高音が苦もなく出るし、ニュアンスに複雑な襞も感じられ、これってもしかしてネトレプコよりもちゃんと歌えているんじゃない?という印象です。感動しました。長いアリアは彼女がベッドに俯して終わりますが、大拍手が長く続きました。その後もアリア毎にどんどん聴衆の熱気は上がっていきます。ガランチャは今日も非の打ち所のない完璧な歌唱で、二人の二重唱もすばらしいものでネトレプコとの二重唱よりもよく合っていると思いました。
ネトレプコ目当てに来られたお客さんはがっかりしたでしょうけれど、歌唱的には同等またはそれ以上でしたよとお慰めしたいです。これで前半の公演は終わり、後半は3月30日より開始です。私は後半も行く予定ですが、ネトレプコには出演して貰いたいものの、例え降板してもこういう強力な代役がいるので安心です。
それにしても中村さんの今夜の衣装はネトレプコの衣装とはデザインが違うし、何よりも細めの体と背丈にぴったりだし、短い時間にどうやって調達したのでしょうね。

Eri Nakamura as Giulietta
c0057725_2048399.jpg

カーテンコールでも万雷の拍手と歓声で、ガランチャも自分は挨拶しないで彼女を讃える拍手をしていました。舞台裏のマネージメントとしては、してやったりというところでしょう。それにしてもまあこれだけの力のある日本人歌手が実力を思う存分発揮して感無量です。既にリサイタルや「エレクトラ」の端役でその実力は知っていましたが、主役としてこれだけの感銘を与えることが出来るとは!もうYoung Artist Programmeなどにいる必要はないぐらいに実力者ですが、知名度がないし東洋人だし普通のオペラ劇場から呼ばれるということはなかなかないでしょう。こうしたチャンスを生かして少しずつ注目を浴びる以外にはないのかもしれません。

日本人歌手がこの大舞台で主役を歌うのは2005年に「イタリアのトルコ人」でチェチリア・バルトリの代役を務めた中嶋彰子さん以来これで二人目と思います。私がROHに行くようになってからの話なので古い記録は知りませんが。

他の歌手ではテノールのダリオ・シュムンクがこれまでのベストの歌唱で、これだけ歌えるとガランチャとのやりとりの場面も楽しくなります。他の男性歌手は前回とほぼ同じ調子でした。管弦楽も一番油が乗った演奏で、序曲もリハーサルでのずっこけた演奏からは段違いで、拍手する気になりました。

Today's Elina Garanča as Romeo
c0057725_2031465.jpg


I Capuleti e I Montecchi: Opera in two acts
Music: Vincenzo Bellini
Libretto: Feliche Romani

Director: Pier Luigi Pizzi
Conductor: Mark Elder
Giulietta: Eri Nakamura
Romeo: Elina Garanča
Tebaldo: Dario Schmunck
Capelio: Eric Owens
Lorenzo: Giovanni Battista Parodi

下の写真は終了直後の舞台です。中央に自殺したロメオとジュリエットが横たわっています。
c0057725_20331554.jpg

[PR]
by dognorah | 2009-03-08 20:39 | オペラ
<< パッパーノ指揮「ヴェルディのレ... 「カプレティ家とモンテッキ家」... >>