マーラー校訂版ベートーヴェン第9演奏会

2009年2月4日、ロイヤルフェスティヴァルホールにて。

演奏
バリトン:Matthias Goerne(マーラー亡き子を偲ぶ歌)
ソプラノ:Lisa Milne
メゾソプラノ:Karen Cargill
テノール:Peter Auty
バス:Peter Rose
London Philharmonic Choir
London Philharmonic Orchestra
指揮:Neeme Järvi

プログラム
マーラー:Kindertotenlieder
ベートーヴェン:交響曲第9番(arranged by Mahler、ロンドン初演)

最初の曲は管弦楽がすばらしく美しい演奏でした。独唱はちょっと抜けきらない音という感じで悪くはない歌唱ですが好みではありませんでした。

メインの第9は、珍しいものをやるので好奇心から聴いてみたのですが、極めてまっとうな演奏でレヴェルの高い出来でした。マーラー版ということを意識せずに聴けばかなり豊かな音だったなぁという感じでしょうか。
マーラーはベートーヴェンの稚拙なオーケストレーションが気に食わなくてオリジナルに手を加えたそうですが、見た目には楽器の大幅な増強が目立ちます。木管が全て4管編成でホルンは8本もあります。第1楽章ではティンパニーがもう一組追加されて中間部での盛り上がりが迫力あるものになっています。第4楽章では最後の独唱4人による重唱部分の演奏時間が普通より長く感じましたがこれは気のせいかもしれません。
独唱者は女声はいいのですが男声はいまいちです。バスは緊張のせいか息継ぎが変だったし声に魅力がありません。テノールも印象が薄い。合唱も女声部の方がアンサンブルがよかったと思います。全体としての出来は悪くないです。

こういういわばゲテモノ的プログラムにも拘わらず客の入りはかなりのもので、演奏後も歓声で随分盛り上がっていました。指揮のヤルヴィはいつものようにほとんど表情を変えることなく無愛想な感じですが、オケの統率力はなかなかのものです。
[PR]
by dognorah | 2009-02-07 03:53 | コンサート
<< ヴィオラリサイタル 藤倉大の新作ピアノコンチェルト >>